産学連携 各種研修員・研究員 研究助成金 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理 安全保障輸出管理 生物多様性条約とABSへの対応

ページの本文です。

研究費の前倒し使用

2020年7月13日更新

令和2年度 前倒し使用について

次年度以降も課題が継続する科研費は、所定の手続きにより、次年度以降の研究費を前倒して使用することができます。
前倒し使用を希望する場合には、お早めに研究・産学連携課へご連絡ください。

基金課題

基金分の研究課題においては、「前倒し支払請求書」を日本学術振興会へ提出することにより、次年度以降の研究費を使用することができます。

対象課題

  • 基盤研究(C)
  • 挑戦的研究(開拓)/挑戦的研究(萌芽)
  • 若手研究/若手研究(B)
  • 特別研究促進費
  • 国際共同研究加速基金
  • 研究活動スタート支援

    学内締切日

    1回目:令和2年8月21日(金曜日)17時
    2回目:令和2年11月20日(金曜日)17時

    科研費電子申請システムにて【確認完了・送信】まで完了させてください。


提出書類

留意事項

  1. 次年度以降の研究計画が遂行できなくなるような多額の前倒し請求を行うことは避けてください。なお、前倒し請求を行うことにより、いずれかの年度の交付(予定)額を「0円」とすることは可能ですが、そのことによって補助事業期間が短縮されるものではありません。
  2. 応募資格の喪失等に伴う研究廃止が見込まれる場合に、応募資格の喪失等を理由として前倒しを行うことはできません。
  3. 直接経費の請求額は、原則10万円単位としてください。

補助金課題

補助金分の研究課題においては、「調整金」制度を利用し、次年度以降の研究費を前倒して使用することができます。→詳しくはこちら

対象課題

  • 新学術領域研究(研究領域提案型)
  • 特別推進研究
  • 基盤研究(S・A・B)

提出書類

留意事項

  1. 次年度以降の研究費をすべて前倒し使用することや、前倒し使用することにより研究期間を短縮することはできません。また、研究期間中いずれかの年度の交付予定額を10万円未満とすることはできません。
  2. 応募資格の喪失等あらかじめ研究廃止を想定して、前倒し使用することはできません。
  3. 前倒し使用する直接経費は、10万円単位としてください。
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加