産学連携 各種研修員・研究員 研究助成金 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理 安全保障輸出管理 生物多様性条約とABSへの対応

ページの本文です。

科研費獲得に向けた本学の取り組み

2020年9月15日更新

令和3年度公募科研費説明会を実施しました

  • 日時:令和2年 9月14日(月曜日) 15時~16時(Zoomで実施)
    当日は、森田理事・副学長より「科研費採択に向けて」と題し、申請書作成に関する最新のノウハウや、得点の取れる調書作成手法等、採択を目指す研究者にとって非常に有意義なお話をいただきました。

    また、今年度お茶大科研費メンターの先生方より一言ずつアドバイスをいただき、最後に研究・産学連携課 研究推進担当 安西より、昨年度からの変更点及びお茶大の科研費支援策について説明させていただきました。
    当日は多くの先生方にご参加いただく事ができ、大変盛況な説明会となりました。
    なお、お茶大Moodle(学内限定)にて、当日の動画及び資料の掲載を予定しております。当日ご参加いただけなかった方は、ぜひそちらをご覧ください。

メンター制度

科研費の採択実績の多い研究者がメンターとなり、研究計画調書について効果的なアドバイスをすることで、応募書類の質的向上を目指すものです。

メンター一覧

科研費研究計画調書閲覧制度

学内研究者作成の採択された研究計画調書を閲覧できます。

閲覧場所:大学本館1階101室(研究・産学連携課)
※研究・産学連携課への事前の連絡は不要です。

【閲覧資料のある研究分野】
・基盤(B):土木工学、人間情報学
・基盤(C):生物学、建築学、数学、物理学、化学、哲学、芸術学、教育学、心理学
・若手(B):生活科学、教育学、言語学、心理学
・挑戦的萌芽研究:文学
・研究活動スタート支援:言語学、社会科学 ※3月公募予定
・奨励研究:教育学
・特別研究員奨励費:地理学

科研費に関するインセンティヴについて

本学は科研費応募者・採択者に対しインセンティヴを付与する体制をとっています。各教員に配分している一定額の研究費について、科研費応募件数及び採択後の交付金額により増額配分しています。
※常勤職で教員研究費を受けている教員が対象(特任教員等を除く)

関連ファイル / Related Files

» R3_mentors(PDF形式 33キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加