産学連携 各種研修員・研究員 研究助成金 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理 安全保障輸出管理 生物多様性条約とABSへの対応

ページの本文です。

国際共同研究加速基金

2020年9月14日更新

令和2年度 国際共同研究加速基金

国際共同研究加速基金とは

国際共同研究加速基金には、国際共同研究強化(A)と国際共同研究強化(B)、帰国発展研究があります。

国際共同研究強化(A):科研費に採択された研究者が半年から1年程度海外の大学や研究機関で行う国際共同研究。基課題の研究計画を格段に発展させるとともに、国際的に活躍できる、独立した研究者の養成にも資することを目指す(1,200万円以下)。
国際共同研究強化(B):複数の日本側研究者と海外の研究機関に所属する研究者との国際共同研究。学術研究の発展とともに、国際共同研究の基盤の構築や更なる強化、国際的に活躍できる研究者の養成も目指す(期間3~6年間 2,000万円以下)。
帰国研究:海外の日本人研究者の帰国後に予定される研究(期間3年以内、5,000万円以下)。

国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))

科研費採択者が現在実施している研究計画について、国際共同研究を行うことでその研究計画を格段に発展させ、優れた研究成果をあげることを目的としています。
【対象者】※以下を全て満たすもの
・本学の系所属の専任教員。
・令和2年度4月1日現在で「基盤研究」もしくは「若手研究」に採択されている。
・令和2年度4月1日現在で、45歳以下。
【渡航期間】
6ヶ月以上とし、6ヶ月から1年を原則とする。

公募要領の公開日:(令和2年7月1日(水曜日))

公募要領

学内提出締切日:(令和2年8月20日(木曜日)17時)

  • 電子申請「確認完了・提出」 まで行ってください。

国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))(本年度終了)

日本側研究グループが海外の研究期間に出向き、海外の共同研究者と行う国際共同研究。

公募要領の公開日:(本年度参考:令和2年4月1日(月曜日))

公募要領:令和2年度公募について(参考)

学内提出締切日:(本年度参考:令和2年5月15日(金曜日)17時)

  • 電子申請「確認完了・提出」 まで行ってください。

応募方法

本学事務指定の学内締切までに、電子申請にて「確認完了・提出」まで行ってください。
審査はモノクロ印刷で行われます。カラーで作成された部分は読みづらくなる場合がありますのでご注意ください。

注意事項

研究分担者の依頼・承諾手続き

従来の「研究分担者承諾書」は廃止され、平成30年度より研究分担者承諾は電子申請システム上で行うこととなりました。
分担者を参画させる場合、分担者および分担者所属機関のシステム上の承諾が済むまで調書の提出ができませんので、早めの承諾依頼をお願いいたします。

事務による調書チェック

調書の誤字・脱字、書式のずれ等、事務によるチェックを行います。必要に応じて差し戻し・再提出の処理が発生します。必ず学内締切をお守りいただきますようお願いいたします。

科研費説明会の開催:令和2年9月14日(月曜日)15時~16時(Zoomで開催)

本学 森田理事・副学長より「科研費採択のポイント」についてのお話を、またメンターの先生方よりアドバイス等を予定しております。応募予定者は是非ご参加ください。

関連ファイル / Related Files

» reiwa3_HP_keisai(PDF形式 284キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加