産学連携 各種研修員・研究員 研究助成金 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理 安全保障輸出管理 生物多様性条約とABSへの対応

ページの本文です。

研究期間の延長

2020年1月15日更新

平成31年度(令和元年度) 期間延長申請について

平成31年度(令和元年度)が最終年度にあたる科研費(基金分・一部基金)の研究課題について、研究計画変更等に伴い補助事業期間の延長を希望する場合には、所定の手続を行い承認を得ることで、1年度に限り補助事業期間を延長して研究費を次年度に使用することができます。

対象課題 

  • 基盤研究(C)
  • 若手研究(B)
  • 若手研究
  • 研究活動スタート支援
  • 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)
    ※平成31年度(令和元年度)が最終年度にあたる課題が対象です。最終年度以外で未使用分が生じた場合は、手続き無しで翌年度に持ち越すことができます。

学内締切日:令和2年2月19日(水曜日)17時

科研費電子申請システムにて【確認完了・送信】まで完了させてください。

提出書類

関連ファイル / Related Files

» f-14_rei_chui(PDF形式 378キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加