産学連携 各種研修員・研究員 研究助成金 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理 安全保障輸出管理 生物多様性条約とABSへの対応

ページの本文です。

研究費の繰越

2020年11月9日更新

令和2年度 繰越申請について

補助金のうち、交付決定時には予想し得なかったやむを得ない事由により年度内に完了することが困難となった研究課題については、所定の手続きを経て、当該補助金の全部又は一部を翌年度に繰越しすることができます。
なお、基金(基盤研究C、若手研究、挑戦的研究(開拓・萌芽)、研究活動スタート支援など)の研究期間内の繰越につきましては手続き不要です。

対象課題

  • 基盤研究(S・A)
  • 基盤研究(B) ※平成27年度以降採択「特別分野研究」を除く
  • 新学術領域研究(研究領域提案型)
  • 特別研究員奨励費
  • 研究成果公開促進費*
  • 奨励研究*
    * : 電子申請システム非対応課題

学内締切日

1回目:令和2年12月25日(金曜日)17時
2回目:令和3年1月12日(火曜日)17時
3回目:令和3年2月2日(火曜日)17時

科研費電子申請システムにて【確認完了・送信】まで完了させてください。
※奨励研究、研究成果公開促進費は、研究・産学連携課までエクセルファイル(通常事由版・コロナ事由版)をメールでご提出ください。

提出書類

注意事項

繰越申請に当たっての留意事項の繰越事由一覧に当てはまるかご確認ください。

関連ファイル / Related Files

» c-26corona(エクセル形式 28キロバイト)

» c-26noraml(エクセル形式 28キロバイト)

» c-26online-attention(PDF形式 184キロバイト)

» C-26excel-attention(PDF形式 155キロバイト)

PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Reader DC(新しいウインドウが開き、お茶の水女子大学のサイトを離れます)が必要です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加