ページの本文です。

お茶の水女子大学国際交流留学生プラザ竣工式が3月28日(木)に開催されました

2019年4月5日更新

本プラザは、国際交流・地域貢献・世代間交流の3つの目的をもつ集いの場として建設されました。建設にあたり、未来開拓基金への滝久雄(株式会社ぐるなび 株式会社NKB創業者 本学学長特別顧問)・裕子御夫妻や同窓生からのご寄附をはじめとして、教職員・在校生を含む多くの方々からのご支援を頂きました。

  • 国際交流留学生プラザ外観国際交流留学生プラザの外観と内観
  • 国際交流留学生プラザ内観 

設計は、隈研吾建築都市設計事務所により、自然豊かなキャンパスとの調和を図りながら進められました。
また、各階には日本画家の中島千波氏、現代美術家の日比野克彦氏、金工作家の宮田亮平氏によるパブリックアートが設置され、本プラザに集う皆様に快適に過ごしていただける空間となりました。

竣工式は、室伏きみ子学長の挨拶、澤和樹東京藝術大学長によるバイオリンの祝賀奏楽(タイスの「瞑想曲」)に続いて、滝久雄氏、隈研吾氏、中島千波氏、日比野克彦氏からお言葉を頂戴しました。滝久雄氏からは、室伏学長とのご縁から、国際交流が盛んで外国人留学生の受入に積極的な本学の取組みを知り、交流施設建設のための寄付に至ったという経緯や、国籍も言葉も年齢も超えた交流のために今後本プラザを役立てていって欲しいという希望が述べられました。また、中島千波氏からはステンドグラスの原画の寄贈も行われました。竣工式に続いて、日比野克彦氏作品「レッツ3つの色」、中島千波氏作品「櫻花爛漫」、及び宮田亮平氏作品「シュプリンゲン〈世界に向かって〉」の除幕式が行われました。

  • 日比野克彦氏作品「レッツ3つの色」日比野克彦氏作品「レッツ3つの色」
  • 中島千波氏作品「櫻花爛漫」中島千波氏作品「櫻花爛漫」
  • 宮田亮平氏作品「シュプリンゲン<世界に向かって>」宮田亮平氏作品「シュプリンゲン<世界に向かって>」

内覧会の後は祝賀会が行われ、伯井美徳文部科学省高等教育局長、成澤廣修文京区長、内田伸子桜蔭会長から祝辞をいただきました。祝賀会ではお茶大生によるパフォーマンスも行われ会場を大いに盛り上げていました。
竣工式・祝賀会には約130名が参加し、盛況のうちに閉式となりました。今後このプラザが様々な活動や情報交換の場として積極的に活用されることが期待されます。

  • 竣工式と祝賀会の様子竣工式と祝賀会の様子
  • 竣工式 仮写真
  • 竣工式と祝賀会の様子3
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加