ページの本文です。

男女共同参画

男女共同参画推進本部・本部長あいさつ

室伏学長

お茶の水女子大学では、2004年の国立大学の法人化に際して、全国に先駆けて「女性支援室」を設置し、男女共同参画の取り組みを開始しました。その後、2006年から2009年度に文部科学省特別教育研究経費による「女性リーダー育成プログラム(PDF形式 2,255キロバイト)」に採択され、また2006年から2008年度には文部科学省科学技術振興調整費による女性研究者支援事業「女性研究者に適合した雇用環境モデルの構築(新しいウインドウが開きます)」に採択されて、女性リーダーの育成と女性研究者支援を二つの柱とする取り組みを進めてきました。 さらに、2011年4月に「男女共同参画推進本部」を設置し、男女共同参画への歩みを強化しました。この組織は、日本の女子教育を先導してきた本学が、男女共同参画社会の実現を推進し、男女共に充実した生活・人生を送ることのできる社会環境を作ることをミッションとして、学長を本部長とし、教育研究評議会評議員全員を本部員とする全学体制によって運営しています。

具体的には、特に男女共同参画担当評議員を研究所長とした「グローバルリーダーシップ研究所(新しいウインドウが開きます)」を中心として、次の3つの目標を定めて、活動を進めています。

I.教育、研究機関としてのシステムの構築

1)教育内容への反映

2)女性研究者支援(新しいウインドウが開きます)

II.職場環境としての整備(新しいウインドウが開きます)

1)研究環境の整備

2)仕事と家庭の調和

III.お茶大モデルの提案

国によって設置された最初の女子高等教育機関である本学の重要な使命として、今後も継続して女性リーダーの育成と女性研究者支援を推進して参ります。引き続き、学内外の皆さまからのご支援とご教示を賜りたく、お願い申し上げます。

2015年4月

お茶の水女子大学長 室伏 きみ子

男女共同参画推進本部組織・規則

組織

  • 本部長:学長
  • 副本部長:副学長(学術情報・広報)、副学長(事務総括)
  • 本部員:理事、評議員

実施体制

規則

男女共同参画宣言

国立大学法人お茶の水女子大学男女共同参画宣言

女性研究者支援の取組

リンク集

女性支援についてその他の情報

行政機関関係(外部リンク)