ページの本文です。

男女共同参画

男女共同参画推進本部・本部長あいさつ

室伏学長

お茶の水女子大学では、2004年の国立大学の法人化に際して、全国に先駆けて「女性支援室」を設置し、男女共同参画の取り組みを開始しました。その後、2006年から2009年度に文部科学省特別教育研究経費による「女性リーダー育成プログラム(PDF形式 2,255キロバイト)」に採択され、また2006年から2008年度には文部科学省科学技術振興調整費による女性研究者支援事業「女性研究者に適合した雇用環境モデルの構築(新しいウインドウが開きます)」に採択されて、女性リーダーの育成と女性研究者支援を二つの柱とする取り組みを進めてきました。 さらに、2011年4月に「男女共同参画推進本部」を設置し、男女共同参画への歩みを強化しました。この組織は、日本の女子教育を先導してきた本学が、男女共同参画社会の実現を推進し、男女共に充実した生活・人生を送ることのできる社会環境を作ることをミッションとして、学長を本部長とし、教育研究評議会評議員全員を本部員とする全学体制によって運営しています。

具体的には、特に男女共同参画担当評議員を研究所長とした「グローバルリーダーシップ研究所(新しいウインドウが開きます)」を中心として、次の3つの目標を定めて、活動を進めています。

I.教育、研究機関としてのシステムの構築

1)教育内容への反映

2)女性研究者支援(新しいウインドウが開きます)

II.職場環境としての整備(新しいウインドウが開きます)

1)研究環境の整備

2)仕事と家庭の調和

III.お茶大モデルの提案

国によって設置された最初の女子高等教育機関である本学の重要な使命として、今後も継続して女性リーダーの育成と女性研究者支援を推進して参ります。引き続き、学内外の皆さまからのご支援とご教示を賜りたく、お願い申し上げます。

2015年4月

お茶の水女子大学長 室伏 きみ子

男女共同参画推進本部組織・規則

組織

  • 本部長:学長
  • 副本部長:副学長(学術情報・広報)、副学長(事務総括)
  • 本部員:理事、評議員

実施体制

規則

男女共同参画宣言

国立大学法人お茶の水女子大学男女共同参画宣言

女性研究者支援の取組

リンク集

女性支援についてその他の情報

行政機関関係(外部リンク)

平成29年度 子育て中の女性研究者に対する研究補助者支援の募集 (学内研究者向)

国立大学法人お茶の水女子大学長  
 室伏 きみ子 

本学は、平成26年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業(連携型)(平成26-28年度)」に選定されました。平成21年度から本学独自の事業として実施してきた「子育て中の女性研究者に対する研究補助者支援」を女性研究者研究活動支援事業の一つとして継続実施します。平成29年度の本支援事業による支援対象者を下記のように募集します。(採用実績:H26年度6名、H27年度6名、H28年度4名)

(1)応募条件

  1. 現在妊娠中で平成29年度に子育てを予定している(支援は産休・育休明け)、又は小学生以下の子どもを養育しながら優れた研究を行っている本学所属の常勤女性教員(特任を含む教授、准教授、講師、助教)。ただし、小学校4~6年生の子どもを養育している場合は、特に支援が必要な場合に限る。
  2. 研究室等における実験、現地調査等が不可欠な研究に従事していること。

(2)採択予定人数

4名程度

(3)支援期間

平成29年4月1日以降の条件に合致する日から平成30年3月31日まで。

(4)支援内容

1)研究活動を、技術的・事務的な作業を含む様々な観点から支援する補助者を配置。
<支援時間の基準>

支援時間は週12時間程度(1日6時間、週2日勤務)を基準とし、上限は子ども(末子)の年齢により決定する。また、補助者は(a)~(c)の3種とし、希望する補助者タイプを選択・組み合わせて利用することができる。

<支援時間の上限>
  1. 未就学児を養育中
    必要に応じて最大で週29時間(1日6時間、週5日勤務)
  2. 小学校1~3年生を養育中
    必要に応じて最大で週24時間(1日6時間、週4日勤務)
  3. 小学校4~6年生を養育中
    必要に応じて最大で週12時間(1日6時間、週2日勤務)
<補助者タイプ>

※補助者は原則として被支援者自身が探すこと。ただし、見つからないときはグローバルリーダーシップ研究所が相談を受けます 。

  1. アカデミック・アシスタント(AA)
    本学のアカデミック・アシスタントとして雇用。補助者は労災保険に加入し、交通費も支給する。
  2. リサーチ・アシスタント  (RA)
    本学のリサーチ・アシスタントとして雇用。補助者は労災保険には加入せず、交通費の支給もしない。
  3. 研究補助・資料整理    (アルバイト)
    本学との雇用関係は無しとする。また、補助者への交通費支給・労災保険加入も無しとする。
2)必要に応じて大学に隣接する大塚寮の優先利用(但し、短期利用)。

(5)提出書類

  1. 申請書
    H29子育て中の女性研究者に対する研究補助者支援申請書(PDF形式 81キロバイト)
    H29子育て中の女性研究者に対する研究補助者支援申請書(ワード形式 31キロバイト)
  2. 履歴書
  3. 業績リスト(外部資金獲得状況、受賞歴を含む)
  4. 研究計画と支援によって期待される成果・効果:1,500字程度で図表を含めてA4 1枚以内
  5. 小学校4~6年生の子どもを養育中で特に支援が必要な理由:A4  1枚以内

(6)提出先

企画戦略課(広報担当) (本館1階117室)
封筒に「女性研究者支援応募書類在中」と朱記し、宛先は「お茶の水女子大学 学長 宛」とすること。

(7)審査

提出された書類に基づく第1次審査で選考された候補者について、面接による第2次審査を行って選考を行う。
面接は平成29年1月下旬~2月上旬を予定。(詳細はメールにて連絡)

(8)問合せ先

〒112-8610  東京都文京区大塚2-1-1 
お茶の水女子大学 企画戦略課課長(広報担当) 柴田 正造
電話番号:03-5978-5104
E-mail:  danjo@cc.ocha.ac.jp

(9)提出期限

2017 (平成29)年1月10日(火)12時(厳守)