ページの本文です。

文部科学省情報ひろばにて、お茶の水女子大学の企画展示を実施

2018年1月5日更新

東京湾口の豊かな海産生物の研究と体験的な理解を目指した教育 

お茶の水女子大学は、文部科学省情報ひろば企画展示室にて、1月4日(木)から4月20日(金)まで(予定)、企画展示「東京湾口の豊かな海産生物の研究と体験的な理解を目指した教育」を実施します。
本学の湾岸生物教育研究センター(千葉県館山市)では、豊かな海の生物と環境についてのリアルで体験的な理解から,生命の基盤を学び海との共生を目指す教育を進めています。この展示では、温帯では北限域の造礁サンゴや沿岸近くまで生息する深海性の生物など館山の海の調査研究と、教育関係共同利用拠点として展開しているさまざま臨海実習の様子や、実験材料として使いやすく工夫した海産バイオリソースについて紹介します。
皆さまのお越しをお待ちしております。

展示概要
日時 2018年1月4日(木)~2018年4月20日(金)(予定)
開館時間 月曜~金曜 10時~18時 
(入館時間は17時30分まで。土曜・日曜・祝日は休館)
展示会場 文部科学省情報ひろば「企画展示室」 ※入場無料
(東京都千代田区霞が関3-2-2 旧文部科学省庁舎3階)
主な展示物
  • パネル:「館山湾のフィールド」「館山湾の生物」「臨海実習」「海産バイオリソースの開発と全国への提供」
  • ウニや貝などの生物標本
  • 海の生物や実習風景の写真のスライドショー
  • 展示の様子展示の様子
  • 展示の様子展示の様子

お問い合わせ先

国立大学法人お茶の水女子大学
企画戦略課(広報担当) 高木・小林
Tel:03-5978-5105 Fax:03-5978-5545
E-mail:info@cc.ocha.ac.jp

  • okinoshima
  • IMG
  • akauni
  • sango
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加