新着情報 外国人留学生受入 海外派遣プログラム

ページの本文です。

お茶大の相談サポート

2016年11月16日更新

相談する

お茶大では、入学した外国人留学生が日本での学生生活にできるだけ早く慣れていただくためと、健康、学習・研究など困ったことが何でも相談できるように様々なサポートを行っています。

相談、助言を行なう個人チューター制度

お茶大の大学院生が個人チューターとして個別に学習・研究について相談、助言を行います。個人チューターは、外国人留学生の専攻分野に応じて、指導教員の推薦により大学が選定します。
初回は留学生オリエンテーションでチューターとの顔合わせを行います。その後は、必要に応じて個別にご相談ください。
個人チューター及び外国人留学生は、毎月末に相談を行ったことを報告書に記入し、担当教員の確認印をもらい、国際課へ提出してください。

日常生活から学習まで何でもOKの留学生相談室

相談室に常駐する相談室チューターが外国人留学生に対して、生活に関すること、学習・研究に関する助言、日本語添削などを行います。
共通講義棟3号館5階の501号室にあります。チューターが月曜日から金曜日までの10時~17時まで常駐しています。予約はいりませんので、いつでも気軽に相談できます。ただし、長期休業期間はお休みです。その他臨時休みになる場合もありますので留学生相談室へ確認してください。

体調が悪いと感じたらすぐに保健管理センターへ

学生が健康で学業に専念できるようサポートしています。診察、投薬、ケガの治療、相談は無料です。
月~金 9時~17時
TEL:03-5978-5156

内科・一般健康相談

午前 10時~11時半
(※医師が講義を行っている時間は除く)
10時~11時半 10時~11時半
(※医師が講義を行っている時間は除く)
午後 13時~16時半 14時~16時半 13時~16時半 13時~16時半 13時~16時半

精神科・婦人科健康相談

精神科:月2回(第1、3金曜日 13時~16時半 )
婦人科:月1回(第2金曜日 13時~16時半 )

精神科健康相談、婦人科健康相談は、予約が必要です。保健管理センター受付までお申し出ください。

左矢印保健管理センター

気軽に相談できるセクシュアル・ハラスメント等人権侵害相談室

セクシュアル・ハラスメント等人権侵害相談室が、保健管理センター地階に開設されています。大学外からの専門の相談員が、セクシュアル・ハラスメント、その他の人権侵害について対応します。問題が生じたら、一人で悩まずに気軽に相談してください。相談内容については堅く秘密を守ります。電話、電子メール、直接の来訪などで受け付け、相談の日時を決めます。相談は匿名でもできます。

場所:保健管理センター1F
開室日時:月、水、木、金曜日 10時~17時
TEL:03-5978-5936

左矢印セクシュアル・ハラスメント等人権侵害相談室

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加