ページの本文です。

新型コロナウイルス感染防止対策室の設置及び自身が感染あるいは感染を思わせる症状が生じた際のマニュアルの改訂について

2020年6月7日更新


教職員各位

現在、新型コロナウイルス感染症について、感染が拡大しつつある局面であることに鑑み、本学の状況を的確に把握・情報管理し、適切な対応を行うため、下記による新型コロナウイルス感染防止対策室(以下「対策室」という。)を設置いたしました。
対策室では、以下の対応を行ってまいります。

      1.学内の学生、教職員及びその家族の新型コロナウイルス感染症に関する感染情報等を一元的に把握する。
      2.把握した情報を元に、必要な対策や措置(本人及び濃厚接触者等への自宅待機要請及び解除、保健所への連絡、学内消毒の指示等)を行う。
      3.その他感染拡大防止に関し必要な事項

対策室の設置にともない、「自身が発熱、あるいは感染を思わせる症状が生じた際のマニュアル」を更新しました。これらの症状が生じた場合は、本マニュアルにしたがい、対策室専用メールアドレス宛(corona-taisaku(アット)cc.ocha.ac.jp)に必要事項を報告いただくようお願いいたします。

また、健康観察票を作成いたしましたのでご利用ください。ご自身の体調変化は意外に見落としがちです。記録を取ることで初めて初期に気づくことができ、ご自身を守り、ご家族、職場での感染を防ぐことができます。

新型コロナウイルス感染防止対策室(お茶の水女子大学)
E-mail: corona-taisaku(アット)cc.ocha.ac.jp
【対策室構成員】
 森田  育男   理事・副学長(総務担当)
 三浦  徹    理事・副学長(教育改革担当)
 佐々木 泰子   理事・副学長(国際交流担当)
 新井  由紀夫  副学長(学校教育開発支援担当)
 山下  登    副学長(事務総括)
 本田  善一郎  保健管理センター所長
 池野  房子   総務を担当する課長
 大野  照子   人事労務課長

※上記に記載するメールアドレスの(アット)を「@」記号に置き換えてください。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加