ページの本文です。

大学院 博士後期課程 理学専攻情報科学領域修了生の八木佐也香さんが可視化情報学会学会賞(奨励賞)を受賞

2016年7月20日更新

2016年7月19日から20日に工学院大学で開催された可視化情報学会可視化情報シンポジウムにて、
大学院 博士後期課程 理学専攻情報科学領域修了生の八木佐也香さんが、
可視化情報学会学会賞(奨励賞)を受賞しました。

学会賞は可視化情報学会での1年間の講演の中から選出される賞で、
八木さんは以下の講演(講演当時博士後期課程3年)が高く評価されて受賞しました。

八木佐也香,伊藤貴之,高塚正浩
Storylineを適用した連続数値型時系列データ可視化のためのレイアウト手法,
可視化情報シンポジウム, D108, 2015.

可視化情報学会の表彰のページは以下となります。

右矢印http://www.visualization.jp/vsj_info/recognition/

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加