ページの本文です。

学内教育GPプログラム事業 2012年度〜

2016年3月28日更新

教育改革に係る取組みを学内公募し、優れたプロジェクトを大学の自主財源により支援する制度です。教育企画室による審査を踏まえ、学長が採択プロジェクトを決定します。

I. 継続型

(1) 趣旨

本学が獲得した学外の競争的資金による教育プロジェクトのうち、事業実施期間が終了する予定、または終了したプロジェクトについて、その取組みを継続して実施することを支援することを目的とします。

(2) 支援対象

以下のプロジェクトのうち、事業期間が終了する予定、または終了した事業。ただし、教育事業に限ります。

  • ① 特別経費事業
  • ② 「国公私立を通じた大学教育改革の支援事業」等
  • ③ 科学技術振興機構、または日本学術振興会に採択された事業

(3) 事業期間

最長で、競争的資金による助成期間から1年を引いた期間を限度とします。

II. 萌芽型

(1) 趣旨

今後、学外の競争的資金を獲得するための取組みに必要となる準備経費として助成することを目的とします。

(2) 支援対象

競争的資金獲得のための準備(試行)経費

(3) 事業期間

最長で2年間とします。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加