ページの本文です。

大学沿革

2016年3月28日更新

本学の歴史については、こちらのページからもご覧いただけます。

明治

  • 7年(1874年)3月13日
    • 東京府下に女子師範学校を設立することを布達
  • 8年(1875年)11月29日
    • 東京女子師範学校開校式を挙行
      開校の場所は、江戸時代から「御茶ノ水」と呼ばれていた現在の文京区湯島1丁目
  • 9年(1876年)11月16日
    • 附属幼稚園を開園(幼稚園の初め)
  • 10年(1877年)2月1日
    • 附属小学校を設置(1878年9月授業開始)
  • 15年(1882年)7月10日
    • 附属高等女学校を設置(9月授業開始、高等女学校の初め)
  • 18年(1885年)8月26日
    • 東京女子師範学校は東京師範学校に合併され、東京師範学校女子部となる
  • 19年(1886年)4月29日
    • 師範学校令の施行により、東京師範学校は高等師範学校となった
  • 23年(1890年)3月24日
    • 高等師範学校から女子部を分離し、女子高等師範学校を創設
  • 37年(1904年)11月29日
    • 開校三十周年記念式挙行(最初の開校記念式)
  • 39年(1906年)4月2日
    • 第六臨時教員養成所を併設
  • 41年(1908年)3月31日
    • 奈良女子高等師範学校の設置に伴い、東京女子高等師範学校と改称

大正

  • 12年(1923年)9月1日
    • 関東大震災のため、校舎焼失
  • 14年(1925年)11月29日
    • 開校50年記念式典を挙行

昭和

  • 7年(1932年)12月28日
    • 現在地の新校舎に移転(本校と附属幼稚園)(東京都文京区大塚1丁目)
  • 11年(1936年)11月28日
    • 新校舎に移転完了、28日に落成式、29日に開校記念式・落成記念祝賀会を挙行
  • 16年(1941年)3月6日
    • 東京女子臨時教員養成所を併設(昭和23年(1948年)3月廃止)
  • 22年(1947年)4月1日
    • 附属中学校を設置
  • 23年(1948年)4月1日
    • 附属高等学校を設置、附属高等女学校を廃止
  • 24年(1949年)5月31日
    • 国立学校設置法の公布・施行により、お茶の水女子大学(文学部・理家政学部の2学部)が新設され、東京女子高等師範学校は同大学に包括
  • 24年(1949年)11月5日
    • 東京女子高等師範学校創立75周年・お茶の水女子大学開学記念式典を挙行
  • 25年(1950年)4月1日
    • 国立学校設置法の一部改正により、文教育学部・理学部・家政学部の3学部となる
    • 幼稚園教員臨時養成課程を設置(昭和45年3月廃止)
  • 27年(1952年)4月1日
    • 国立学校設置法の一部改正により、東京女子高等師範学校が廃止され附属高等学校・中学校・小学校・幼稚園は、お茶の水女子大学文教育学部附属となる
  • 29年(1954年)4月1日
    • 家政学部に家政学専攻科を設置
    • 家政学部に産業教育教員養成課程(昭和38年に家庭科教員養成課程と改称)を設置
  • 30年(1955年)4月1日
    • 文教育学部に文教育学専攻科を設置
  • 31年(1956年)4月1日
    • 理学部に理学専攻科を設置
  • 34年(1959年)4月1日
    • 家政学部に附属食物化学研究施設を設置
  • 38年(1963年)4月1日
    • 大学院家政学研究科(修士課程・3専攻)を設置 家政学専攻科を廃止
  • 39年(1964年)4月1日
    • 大学院理学研究科(修士課程・4専攻)を設置 理学専攻科を廃止
  • 41年(1966年)4月1日
    • 大学院人文科学研究科(修士課程・7専攻)を設置
  • 42年(1967年)10月11日
    • 電子計算機室を設置
  • 43年(1968年)4月1日
    • 家政学部に家庭経営学科を設置
  • 45年(1970年)4月1日
    • 理学部に附属臨海実験所を設置
  • 45年(1970年)10月28日
    • ラジオアイソトープ実験室を設置
  • 47年(1972年)4月1日
    • 大学院家政学研究科に家庭経営学専攻を設置
  • 47年(1972年)5月1日
    • 保健管理センターを開設
  • 48年(1973年)4月1日
    • 大学院人文科学研究科に舞踊教育学専攻を設置 文教育学専攻科を廃止
  • 50年(1975年)4月1日
    • 女性文化資料館を設置
  • 50年(1975年)11月1日
    • 創立百周年記念式典を挙行
  • 51年(1976年)6月1日
    • 大学院人間文化研究科(博士課程・2専攻)を設置
  • 52年(1977年)4月1日
    • 文教育学部文学科を国文学科と外国文学科に改組
    • 大学院人間文化研究科に人間環境学専攻を設置
  • 55年(1980年)4月1日
    • 生活環境研究センターを設置 家政学部附属食物化学研究施設を廃止
    • 附属高等学校・中学校・小学校・幼稚園は、文教育学部附属から大学附属となる
  • 57年(1982年)4月1日
    • 文教育学部の教育学科を教育学科と舞踊教育学科に改組
  • 61年(1986年)4月5日
    • 女性文化研究センターを設置、女性文化資料館を廃止
  • 63年(1988年)10月1日
    • 情報処理センターを設置、電子計算機室を廃止

平成

  • 2年(1990年)4月1日
    • 理学部に情報科学科を設置
  • 3年(1991年)4月1日
    • 大学院人文科学研究科に日本言語文化専攻を設置
  • 4年(1992年)10月1日
    • 生活科学部(生活環境学科、人間生活学科)を設置、家政学部(被服学科、食物学科、児童学科、家庭経 営学科)を廃止
  • 6年(1994年)4月1日
    • 大学院理学研究科に情報科学専攻を設置
    • 共通機器センターを設置
  • 7年(1995年)11月8日
    • 創立120周年記念式典を挙行
  • 8年(1996年)3月31日
    • 女性文化研究センターを廃止
  • 8年(1996年)4月1日
    • 文教育学部の哲学科、史学科、地理学科、国文学科、外国文学科、教育学科、舞踊教育学科を人文科学科、言語文化学科、人間社会科学科、芸術・表現行動学科に改組
  • 8年(1996年)5月11日
    • ジェンダー研究センターを設置
  • 9年(1997年)4月1日
    • 大学院人文科学・理学・家政学研究科(修士課程)を廃止し、大学院人間文化研究科(博士前期課程・6専攻)に改組
    • 大学院人間文化研究科(博士後期課程)複合領域科学専攻を設置
  • 10年(1998年)4月1日
    • 大学院人間文化研究科(博士後期課程)の人間発達学専攻を人間発達科学専攻に、人間環境学専攻を人間環境科学専攻に改組
  • 11年(1999年)4月1日
    • 大学院人間文化研究科(博士後期課程)の比較文化学専攻を比較社会文化学専攻及び国際日本学専攻に改組
  • 13年(2001年)4月1日
    • 留学生センターを設置
  • 14年(2002年)4月24日
    • 子どもの発達研究センターを設置
  • 14年(2002年)10月
    • 21世紀COE「誕生から死までの人間発達科学」プログラム開始(平成19年(2007年)3月31日まで)
  • 15年(2003年)4月1日
    • 子ども発達教育研究センターを設置、子どもの発達研究センターを廃止
    • 総合情報処理センターを設置、情報処理センターを廃止
  • 15年(2003年)5月21日
    • 糖鎖科学研究教育センターを設置
  • 15年(2003年)6月18日
    • ライフワールド・ウオッチセンター(LWWC)を設置
  • 15年(2003年)7月23日
    • ソフトマター研究センターを設置
    • 開発途上国女子教育協力センターを設置
  • 15年(2003年)7月
    • 21世紀COE「ジェンダー研究のフロンティア」プログラム開始(平成20年(2008年)3月31日まで)
  • 16年(2004年)4月1日
    • 国立大学法人法により、国立大学法人お茶の水女子大学を設置
    • 湾岸生物教育研究センターを設置、附属臨海実験所を廃止
    • 比較日本学研究センターを設置
    • 語学センターを設置
    • ラジオアイソトープ実験センターを設置
    • 生活科学部の生活環境学科を食物栄養学科と人間・環境学科に改組
  • 17年(2005年)4月1日
    • 国際教育センターを設置、留学生センターを廃止
    • サイエンス&エデュケーションセンターを設置
    • 学生支援センターを設置
    • いずみナーサリーを設置
  • 17年(2005年)10月
    • 魅力ある大学院教育イニシアティブ「<対話>と<深化>の次世代女性リーダーの育成」プログラム開始(平成19年(2007年)3月31日まで)
    • 魅力ある大学院教育イニシアティブ「生命情報学を使いこなせる女性人材の育成」プログラム開始(平成19年(2007年)3月31日まで)
  • 18年(2006年)7月
    • 科学技術振興機構:女性研究者支援モデル育成プログラム「女性研究者に適合した雇用環境モデルの構築」プログラム開始(平成21年(2009年)3月31日まで)
    • 国際教育協力イニシアティブ「開発途上国の女性教育・乳幼児保育の支援」プログラム開始(平成20年(2008年)3月31日まで)
  • 18年(2006年)11月
    • 魅力ある大学院教育イニシアティブ「ユニバーサルマインドを持つ女性人材の育成」プログラム開始(平成20年(2008年)3月31日まで)
  • 19年(2007年)4月1日
    • 大学院重点化(大学院人間文化研究科を大学院人間文化創成科学研究科に改組)
  • 19年(2007年)7月
    • グローバルCOE「格差センシティブな人間発達科学の創成」プログラム開始(平成24年(2012年)3月まで)
    • 科学技術振興調整費:若手研究者の自立的環境整備促進プログラム「挑戦する研究力と組織力を備えた若手育成」プログラム開始(平成24年(2012年)3月31日まで)
  • 20年(2008年)2月22日
    • バンコクオフィス(タイ)を開設(平成23年(2011年)年2月17日閉鎖)
  • 20年(2008年)4月1日
    • 生活環境教育研究センターを設置(生活環境研究センターから名称変更)
    • 情報基盤センターを設置(総合情報処理センターから改組)
    • 糖鎖科学教育研究センターを設置(糖鎖科学研究教育センターから名称変更)
    • ソフトマター教育研究センターを設置(ソフトマター研究センターから名称変更)
    • 比較日本学教育研究センターを設置(比較日本学研究センターから名称変更)
    • 人間発達教育研究センターを設置(子ども発達教育研究センターから改組)
    • 教育研究特設センターを設置
    • 生命情報学教育研究センターを設置
    • リーダーシップ養成教育研究センターを設置
    • グローバル教育センターを設置(国際教育センターと語学センターを統合し改組)
    • グローバル協力センターを設置(発展途上国女子教育協力センターから改組)
  • 20年(2008年)11月8日
    • 茶室(庵号「芳香庵」)披き記念講演会開催
  • 21年(2009年)4月1日
    • 教育開発センターを設置
  • 21年(2009年)6月10日
    • 動物実験施設を設置
  • 21年(2009年)10月10日
    • 新制大学六十周年記念式典を挙行
  • 22年(2010年)7月28日
    • 外国語教育センターを設置
  • 22年(2010年)12月22日
    • 総合学修支援センターを設置
  • 23年(2011年)3月
    • 新学生寮 お茶大SCC(Students Community Commons)竣工
    • お茶大インフォメーション・プラザを設置
  • 23年(2011年)4月1日
    • 入学前予約型の奨学金(“みがかずば”奨学金)制度を設立
    • シミュレーション科学教育研究センターを設置
  • 24年(2012年)4月2日
    • 附属図書館「お茶の水女子大学E-bookサービス」を公開
  • 24年(2012年)11月27日
    • グローバル人材育成推進センターを設置
  • 25年(2013年)4月1日
    • 学生・キャリア支援センターを設置(学生支援センターとキャリア支援センターを統合し改組)
  • 25年(2013年)12月24日
    • リーディング大学院推進センターを設置
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加