新着情報 外国人留学生受入 海外派遣プログラム

ページの本文です。

就職する

2016年11月18日更新

日本で就職

就職活動に関する情報を入手

外国人留学生が日本で就職活動をするために必要な情報については、日本学生支援機構(JASSO)よりガイドブック(日本語版)が刊行されています。就職活動の準備から、エントリー、採用試験、在留資格の変更など、活動の時期に応じて必要な情報をわかりやすく解説してあるので、ぜひ参考にしてください。
ガイドブックは、留学生相談室、学生・キャリア支援チーム、国際課で配布しています。
インターネット上では、日本語、英語、中国語、韓国語で閲覧することができます。

就職説明会へ参加

各種就職ガイダンスについての情報は、学生センター棟内外の掲示板に随時掲示されますので、必要に応じて確認してください。キャリア支援センターのサイトもぜひご活用ください。

在留資格変更手続き

外国人留学生の皆さんが日本で就職する場合には、現在の在留資格である「留学」を、「人文知識・国際業務」や「技術」などの就労可能な資格に変更する必要があります。資格変更の許可申請は、入国管理局で行います。本学で発行する手続きに必要な書類には、自動発行機で即日入手できるものから、申請して数日を要するものがありますので、時間に余裕を持って準備しましょう。在留資格の変更などの審査には1~3か月程度かかります。リンク先で詳細を確認してください。
卒業までに就職が決まらなかった場合でも、「(継続就職活動の為の)特定活動」へ在留資格の変更手続きを行うことにより、大学卒業後1年間は就職活動をしながら日本に滞在することができます。詳しくは入国管理局などで確認してください。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加