新着情報 外国人留学生受入 海外派遣プログラム

ページの本文です。

帰国する

2016年11月18日更新

帰国する前に行うこと

帰国後の連絡先情報の提出

帰国または第三国へ出国することになった方は、決まり次第、住所、電話番号、メールアドレス、所属機関名(大学、会社など)を国際課宛にメールでお知らせください。

帰国航空券申請手続き

国費留学生(正規学生、研究生、日研生)は、帰国するための航空券が文部科学省から支給されます。ただし奨学金受給期間の最終月末に母国に帰る場合に限ります。国際課より帰国旅費の申請を行うか辞退するかメールで確認を行います。確認後、必要な手続きを行ってください。

学生証・身分証明書の返却

学生証・身分証明書は、帰国前に返却してください。
正規学生は学生・キャリア支援チームへ、非正規学生は国際課へ返却してください。
プラスチック(IC)カードはリサイクル使用しています。次の外国人留学生の方のためにも、ご協力をお願いします。

借りたものの返却

日本で滞在中に借りたお金、物品、図書館の本などを確認し、全て返却してください。

公共料金、インターネット、携帯電話などの代金清算、契約解除手続き

ガス・電気・水道・電話・インターネットなど契約していたサービスについて、各営業所や契約会社などに連絡をしてください。
公共料金や各種サービスは使用した翌月に請求されるので支払いを忘れがちです。未払いが発生しないようにきちんと清算してください。
銀行口座、日本で契約したクレジットカードなどは必ず解約してください。ただし、公共料金や各種サービスの支払いを口座自動引き落しにしている方は、清算が済んだことを確認してから口座を解約してください。先に口座を解約し、帰国した後に請求・清算が発生する場合には、信頼できる友人や知人と相談し、お金を預けて清算を依頼するなどの対策をとりましょう。

住居の退去手続き

学生宿舎の退去手続き

必ず2週間前までに学生寮で退去の届出をお出しください。特に3月、9月は退去される方が大勢いますので、決まり次第できるだけ早く届け出てください。また、寮費は一部でも未納のまま退去することがないよう、きちんと清算してください。

民間のアパートなど

(1) 管理人・不動産会社に連絡
管理人や不動産会社に退居予定日を連絡します。少なくとも1か月以上前に退去日を連絡し、退居の手続きをしてください。連絡が遅れると、翌月分の家賃を請求されることがあります。

(2) 連帯保証人に連絡
退去が決まったら、連帯保証人にもご連絡ください。また、留学生住宅総合補償制度を利用している方は、解約の手続が必要ですので、国際課留学生係へ連絡し必要書類を提出してください。

(3) 部屋の掃除
退居する前に部屋をきれいに掃除し、個人の所有物を残さないようにしてください。家具、電化製品や寝具などの大型ゴミの処分が必要な場合は、居住地の各自治体のルールに従って処分してください。
なお、部屋を入居前の状態にするための清掃などに、入居時に支払った敷金を当てますが、不足の場合は追徴されることがあります。

国民健康保険の清算手続き

  • 出国日が決まったら、国民健康保険証を居住していた市区町村の役所に持参し、保険料の過不足を清算してください(国民健康保険料は月払いで計算されています)。また、健康保険証は出国日まで使えるようにすることができます。(健康保険証の有効期限を出国日までに訂正できます。詳しい内容は市区町村の役所の窓口で確認してください。)

お世話になった方へのご挨拶

  • 滞在中にお世話になった方々へ挨拶をしましょう。
    直接会って挨拶をするのがもっともよい方法ですが、相手の方と予定が合わない場合には、帰国後に手紙・はがきで感謝の気持ちを伝えましょう。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加