ページの本文です。

ジェンダー社会科学専攻

2016年3月28日更新

ジェンダー社会科学専攻ホームページ 研究者情報(新しいウインドウが開きます))

ジェンダー社会科学専攻は、博士後期課程ジェンダー学際研究専攻に接続する博士前期課程として、本学のジェンダー研究センターとともにジェンダー研究の拠点にふさわしい教育研究組織を形成する。同時に、ジェンダー論の視点を積極的かつ批判的に取り入れた社会科学の教育研究の独自の可能性を追求する。ジェンダーの名を冠した専攻を有することの社会的インパクトは大きく、従来きわめて貧弱であった日本の女子大学における社会科学研究のモデルを提示する試みであるとともに、ジェンダー研究の拠点と目されている本学の存在理由を示すうえで実質的に資するものである。

本専攻の教育目標は、21世紀を展望する新領域の開拓にふさわしい教養と学力の涵養をめざすとともに、男女共同参画社会形成の担い手、グローバル化する社会のなかで国際的な活動に貢献できる人材を養成することである。

修了後の進路としては、その半数は、地方・国家公務員、国際公務員、NPO NGO職員、中学・高校教員、民間企業職員、研究所研究員、などへの就職、 残り半数は、本学大学院博士後期課程ジェンダー学際研究専攻など関連する大学院博士後期課程への進学や海外大学院課程への進学を想定している。

具体的な教育プログラムの枠組としてジェンダー研究と社会科学研究の連結をはかるために「ジェンダー社会科学論」「ジェンダー基礎論」を共通の「基礎カテゴリー」科目として設定する。

この「基礎カテゴリー」の履修を前提としたうえで、「応用カテゴリー」として生活政策学、地理環境学、開発・ジェンダー論の3コースを設置する。履修者はコースによってそれぞれ編成されるコースプログラムを集中的に学ぶことによってコースごとの専門的トレーニングを受けることができるとともに、他コースの科目を自由に選択履修できる編成になっている。

生活政策学コース

生活政策学コースホームページ

高齢社会化、生活をめぐる諸価値の多様化、生活のグローバル化、女性の社会的活動領域の拡大の中で生ずる生活・家族・女性に関する諸問題を、法学・政治学・社会学・経済学の各分野から研究する。

地理環境学コース

地理環境学コースホームページ

地理環境学コースの主要な関心は、現実の世界において空間的に展開している人間-環境関係である。自然地理学及び人文地理学の観点から、この関係を分析する方法論、並びにデータないしは情報の収集・分析に関する講義・演習が開講されている。

開発・ジェンダー論コース

開発・ジェンダー論コースホームページ

従来の学問研究にジェンダーの視点を導入し、新たな学際的研究の可能性を追求する。理論的分析に加え、開発や国際協力など応用分野を含めた、多様な関心と能力を持った学生を育成することを目指し、日本でも他に例を見ない独自のコースとして、内外の社会的要請に応えるものである。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加