ページの本文です。

文教育学部の紹介

2016年6月1日更新

文教育学部

人文科学科 言語文化学科 人間社会科学科 芸術・表現行動学科 グローバル文化学環

文教育学部には、人間をとりまくマクロな社会や環境から、ミクロな個々人の思想や心理や言語、文学・美術や音楽・舞踊といった芸術まで、多彩な研究分野があり、そこでは「生きている」人間とその文化や社会への関心が核となっています。

4つの学科に、専門教育のプログラムを提供する13のコース・環がおかれ、学生の関心にそって広く学修ができるように、自由度の高いカリキュラムを組んでいます。ひとつの専門を深めることも、複数の専門分野を広く学ぶこともできます。専門という自分の鏡を磨き、さらに他の鏡と合わせることで、虚と実が交錯する複雑な人間社会の全体像を映し出すことができます。人間と自然とが複雑にからみあう現代では、ひとつの現象を多方面から分析し、多くの人々と理解しあい行動することがますます重要になっています。文教育学部では、人生のさまざまな場面で生きる、多面的な「物事の捉え方」(文化)を学ぶことができます。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加