ページの本文です。

お茶の水女子大学賞「小泉郁子賞」

2017年8月30日更新

設立趣旨

小泉郁子は1892年に島根県で生まれ、1915年に東京女子高等師範学校文科第2部を卒業しました。その後、1924年にオベリン大学神学部に進学し宗教教育学でB.D.を取得、1928年にミシガン大学大学院教育学専攻でM.A.取得、1930年に博士論文の資料収集のため日本へ帰国しましたが、再渡米せずに青山学院女子専門部教授となり、男女共学論を唱える教育専門家として活躍しました。
1935年に崇貞学園(現桜美林学園)創立者の清水安三に請われ、崇貞学園・桜美林学園の学園長として、その運営に生涯を捧げました。
本学は彼女の遺志が若い世代に受け継がれることを願い、人文社会科学の諸分野において顕著な業績を挙げた女性を顕彰することを目的して2016年に「小泉郁子賞」を創設いたしました。この賞は「お茶の水女子大学賞」の1つとして位置付けられています。

  • 東京女子高等師範時代東京女子高等師範時代
  • オべリン大学時代オべリン大学時代
  • 北京崇貞学園時代北京崇貞学園時代

お問合せ先

お茶の水女子大学 企画戦略課 (男女共同参画推進担当)
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
E-mail: danjo@cc.ocha.ac.jp

関連リンク / Related Links

»平成28年度「第1回 小泉郁子賞」募集のご案内
»平成28(2016)年度「第1回 小泉郁子賞」選考結果報告

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加