ページの本文です。

大学院 理学専攻情報科学領域 博士後期課程の宮城優里さんが可視化情報シンポジウムにてベストプレゼンテーション賞を受賞

2018年9月18日更新

2018年9月14日から16日に明治大学で開催された可視化情報シンポジウムにて、大学院 理学専攻情報科学領域 博士後期課程2年の宮城優里さんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

可視化情報シンポジウムは計算機を使った情報の可視化に関する総合的なシンポジウムです。

宮城さんは以下の発表でベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

宮城優里, 大西正輝, 渡辺知恵美, 伊藤貴之, 高塚正浩
RGB-Dカメラで記録した歩行者軌跡のパターン分析と可視化

可視化情報シンポジウムに関する情報はこちらをご覧ください。

http://www.visualization.jp/symp2018/

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加