ページの本文です。

【お茶の水女子大学×株式会社ポピンズ】寄附講座 「保育マネジメント及び保育実践講座」設置に関する覚書の締結のお知らせ

2021年3月31日更新


  ポピンズロゴ  お茶ロゴ

国立大学法人お茶の水女子大学(学長:室伏 きみ子、以下「お茶の水女子大学」)と株式会社ポピンズホールディングス(代表取締役会長:中村紀子)は、「保育マネジメント及び保育実践講座」の設置に伴う覚書を締結しましたのでお知らせします。

1.背景と目的

  • お茶の水女子大学は、日本初の女性のための高等教育機関として1875年に設立されて以来、グローバルに活躍できる女性リーダーの育成に取り組むなど、女子教育のフロントランナーとして活動を行っています。また、こども園、ナーサリー、幼小中高等学校から大学、大学院まで全ての学びのライフステージがひとつのキャンパスで行われています。
  • 株式会社ポピンズにおいては、「働く女性を最高水準のエデュケアと介護サービスで支援する」との企業理念のもと、子育て支援サービスや乳幼児教育支援サービス、介護支援サービスなどの事業を行っています。

 上記取組みを通じた両者の強みや特長を活かし、未来を創る子ども達のために、乳幼児教育のエキスパートの育成、保育に必要な高度な知識を現職保育士が学べる機会を充実させること目的として、今般、寄附講座を設置することとしました。

2.寄附講座の研究領域の概要

 お茶の水女子大学では、乳幼児教育の保育・教育の質向上、保育者の資質・能力育成、地域子育て支援の開発支援に関する研究を統合的に、学内の乳幼児施設(附属幼稚園、こども園、ナーサリー)をはじめ、地域との連携も図りながら推進し、乳幼児教育カリキュラム及び社会人プログラムの開発、評価及び発信を行っている。

 このような研究教育活動に裏付けをもとに、保育マネジメントなどに関するカリキュラムを通じて、現職保育士をはじめとする保育関係者が保育に必要な高度な知識を学べる機会を創出し、乳幼児教育のエキスパート育成を図る。

以上

写真
<協定書調印式の様子 2021年3月31日>
(左)お茶の水女子大学長 室伏きみ子   (右)株式会社ポピンズホールディングス 代表取締役会長 中村紀子氏

<本件に関するお問い合わせ先>

国立大学法人お茶の水女子大学
企画戦略課(広報担当)        
TEL:03-5978-5105
E-mail:info@cc.ocha.ac.jp

株式会社ポピンズホールディングス
広報担当 山本・新見      
TEL:03-3447-1811
E-mail:pr@poppins.co.jp

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加