業務内容 産学官連携 各種研修員・研究員 公募 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理

ページの本文です。

研究助成金

2016年11月30日更新

応募までの流れ

  1. 各助成団体のHPより募集要項及び申請書をダウンロードしてください。

    助成団体のHPがない場合や、申請書のデータが掲載されていない場合でも、研究協力課にて保管している場合があります。E-mailにてお問い合わせください。

  2. 募集要項をよく読み、応募書類の提出方法をご確認ください。

    応募書類の提出方法には、主に以下2つのパターンがあります。

    1. 研究者が個人で応募できるもの
    2. 所属機関でとりまとめて提出するもの

    さらに、以下の条件が定められている場合があります。

    1. 所属長の推薦が必要なもの
    2. 推薦できる数が制限されているもの
  3. 2. B~Dのうち1つでも該当する場合、助成団体への提出期限の10日前までに、研究協力課に申請書を提出してください。

    所属長の推薦手続き、推薦者の決定には時間を要します。10日前までに申請書が提出されていない場合、いかなる理由があっても応募手続きを行いませんのでご注意ください。 また、2. Dで応募者数が推薦可能な件数より多くなる場合、学内で被推薦者を選考することとなります。 推薦できないことがありますので、あらかじめご了承ください。


HPに掲載されている募集情報以外の助成金募集情報をご覧になりたい場合は、財団法人助成財団センターのHPもご活用ください。助成団体名やキーワードでの検索もできます。

>財団法人助成財団センター

重要事項

助成金の採択を受けた場合には、大学への寄附手続きを行ってください。 寄附金の受入れ手続きにつきましては、こちらをご覧ください。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加