ページの本文です。

学生同士の支援制度“ピアサポート”

2016年3月28日更新

お茶の水女子大学 ピアサポート・プログラムとは

ピア(peer)という言葉は仲間という意味で、ピアサポート・プログラムは学生同士の支援制度です。「先生や事務の方に聞きに行くほどの問題ではないが、先輩や友達だったら気楽に質問できる」ということで、重要な学生支援制度の1つとなっています。

文教育学部では、新入生が学業面や生活面で困らないように、学科や講座ごとに先輩サポーターが新入生の支援を行っています。生活科学部や理学部でも、講座ごとに上級生が下級生のために学習支援を進めたり、各学年から学生委員を選出してその委員が中心になり、異学年の交流、就職活動や進路の情報交換等を行ったりしています。

グローバル教育センターでも、大学院生チューターが留学生相談室で日本語レポートや論文の添削、授業準備、情報提供など、留学生支援を行うとともに、留学生と日本人学生の国際交流グループ(TEA)も活発に交流活動をしています。このように、ピアサポート活動は「学生による学生のためのサポート」ですが、それを教員が支える二重の支援制度でもあるのです。

写真は一昨年の留学生と日本人学生の交流合宿を撮影したものです。

留学生と日本人学生の交流合宿の写真
留学生と日本人学生の交流合宿

お茶の水女子大学全学ピアサポートの概要と特徴

各学部、グローバル教育センターが提供しているピアサポートの概要と特徴を以下の表にまとめました。

お茶の水女子大学全学ピアサポートについて
組織 ピアサポートの内容と特徴 設立年月
文教育学部 主に、新入生の適応援助を目指し、講座ごとにボランテイアで募集した先輩のサポーターが新入生の援助を行う。講座別に数名の教員がボランテイアでアドバイザーとして関わる。 2003年4月
生活科学部 主に、学習支援や進路相談を目指し、学科や講座ごとに上級生が下級生に助言を行う。各学年の学生委員の選出、異学年の交流、進路の助言をしている。学科や講座の教員の代表が統括する。 2004年4月
理学部 主に、学習支援を目指し、学科ごとに上級生が下級生に(卒業生も含む)助言を行う。スーパーバイズ制を取り入れ教員が学生の個別指導、院生のTAの相談時間も確保し活用している。 2004年4月
グローバル教育センター(旧国際教育センター) 主に、留学生が留学目的を果たせるよう学習面、生活面からの支援と国際交流を目指す。大学院生チューターによる相談室運営と日本語添削と情報提供、国際交流グループ(TEA)の交流活動、国際学生宿舎メンターの生活面での助言を行う。相談担当の教員が全体のコーデネーションをする。 2002年4月

ピアサポート・プログラム連絡会議メンバーは、次の教員が担当しております。

  • グローバル教育センター、ピアサポート連絡会議リーダー 加賀美常美代
  • 文教育学部 安成英樹
  • 理学部 吉田裕亮
  • 生活科学部 榊原洋一

(ピアサポート・プログラム連絡会議の全体会議は年に数回行われ、各組織の情報交換を行っております。)

学生の活動場所

学生会館2階 キャンパスマップ参照

具体的な活動

「ピアサポート・プログラム報告書」これまでの実践報告は以下をご覧ください。第1号については学生・キャリア支援課までご連絡ください。

(補足) pdf内の写真の一部に補正がかかっています。

担当部署

お茶の水女子大学 学生・キャリア支援課(内5146)

お茶の水女子大学 学生・キャリア支援課の写真

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加