ページの本文です。

現在募集中の地方公共団体及び民間奨学団体等の奨学金

2018年7月6日更新

現在募集中の地方公共団体及び民間奨学団体等の奨学金一覧

現在募集中の地方公共団体及び民間奨学団体等

最新情報は、学生・キャリア支援課(学生センター棟2階)窓口で確認してください。
※学内締切は募集要項に記載の締切日より早めに設定しています。応募の際は締切日にご注意ください。

奨学金名 募集人数 種別

金額

※年額の
表示が
あるもの
以外は
月額

締切 要件等

(2019年度)
似鳥国際奨学財団奨学生
(日本人学生対象)
学部生
最大100名
給付 自宅生5万円
自宅外生8万
2018年
11月18日
(個人で応募)
・2019年4月1日より学部2、3、4年生となる者。
・学業・人物ともに優秀であり、健康である者。
・国際理解と国際間の友好親善に寄与できる者。
・他の給付型奨学金の受給を受けていない者(貸与型は可)。

募集要項等はこちらからダウンロードしてください。

2018年度「Kiyo Sakaguchi奨学金」
(全体で)
1-2名
給付 留学中の授業料
 上限300万円/年
2018年
8月31日
(個人で応募)
アメリカの大学(院)に留学し、数学科目の専攻を希望する大学生
※大学院生、社会人は対象外

エントリーフォームはこちらからアクセスしてください。

大学女性協会国内奨学生
一般奨学生
社会福祉奨学生
各1名
給付 一般奨学生:
大学院生 年額20万円
社会福祉奨学生:
学部生年額10万円
大学院生年額20万円
2018年
8月10日
(学内締切)
一般奨学生:大学院に1年以上在籍し、
学業、人物ともに優れた者
社会福祉奨学生:学部・大学院に1年以上在籍し、
身体に障害があり、かつ学業人物ともに優れた者
(注)奨学金の給与は1回限りである。

募集要項等はこちらからダウンロードしてください。
小林育英会奨学金 学部1年生
2名
給付 2万5千円 2018年
7月17日
(学内締切)
次の各項に示す総ての条件を満たす者
1.学部1年生であること。学部学科専攻は制約しない。
2.学業成績、人物ともに優秀であること。(品行方正)
3.心身ともに健全であること。
4.将来社会的に有為な活動を目指す者であること。

※募集要項等は学生キャリア支援課にあります。
新潟市奨学金 学部生:全体で80名
大学院生:全体で4名
貸与 年額40万円 2018年
7月11日
(個人で応募)

【資格】次の1から4までのすべてに該当する者
1.本人又は本人の保護者が新潟市内に住所を有する者
2.学部1年生:高校の全科目成績が3.2以上、
学部2年生以上:全科目の半数以上がB以上、
大学院生:学部、大学院の成績及び課題作文が優れていること
3.保護者全員の合計所得(大学院は本人の所得)が市の定める
所得基準以下であること

※募集要項等は学生・キャリア支援課にあります。

交通遺児育英会奨学金 学部
(全体で)300名

大学院
(全体で)20名
貸与 学部
4万円、5万円、
6万円から選択
大学院
5万円、8万円、
10万円から選択
2018年
10月31日
(個人で応募)
1.保護者等が道路における交通事故で死亡したり、重い
後遺障害のために働けず、経済的に修学が困難な学生
2.応募時25歳までの学生

※募集要項等はこちらからダウンロードしてください。

徳島県奨学金返還支援制度
100名 返還補助 日本学生支援機構第一種【第二種】奨学金の借受総額の1/2【1/3】と奨学金返還残額(2019.3.31時点)のいずれか少ない方の額(上限100万円【70万円】) 2018年
12月21日
(個人で応募)
【資格】以下のすべての条件に該当することが必要
・日本学生支援機構奨学金の貸与を受けている者、または貸与を受けていた者で、返還残額がある者。
・徳島県内の事業所に正規職員として就業を希望する者。
・大学、大学院を以下の年度に卒業し、その右の期間内に就業する者。
2019年度:卒業後~2020.9.30  2018年度:卒業後~2019.9.30
2017年度以前:2019.4.1~2020.9.30
・徳島県内に定住することを希望する者
募集要項等はこちらからダウンロードしてください。
山梨県ものづくり人材就業支援事業費補助金 (全体で)
概ね30名
返還補助 卒業前2年間に貸与を受けた額を上限 2018年
8月31日
(個人で応募)
【資格】次の1から4のすべてに該当者
1.平成30年度に卒業・修了予定である者。
2.日本学生支援機構の第一種奨学金の貸与を
受けている者。
3.平成31年9月末までに、対象業種企業における、
企画・開発、製造部門への就職を希望している者。
4.平成31年4月初日を起点とした10年間に、8年以上
山梨県内に勤務し、かつ県内に定住する見込みである者。

募集要項等はこちらからダウンロードしてください。
とちぎ未来人材応援奨学金 50名 返還補助 学部生:卒業前2年間に貸与を受ける
奨学金の全額(上限150万円)
大学院生:修士課程修了前2年間に
貸与を受ける奨学金の2分の1
(上限100万円)
2018年
7月20日
(個人で応募)
【資格】次の1から4までのすべてに該当する者
1.日本学生支援機構第一種奨学金の貸与を
受けている者
2.平成30年4月1日時点で、学部3年生または大学院
博士前期課程1年生
3.栃木県内に本社、本店、支社、支店、事業所等が
所在する製造業(大企業の場合は県内に本社機能を
有する場合に限る。)に就職を希望する者
4.栃木県内に定住を希望する者

募集要項等はこちらからダウンロードしてください。
山口県奨学金返還補助制度 20名程度 返還補助 日本学生支援機構奨学金等の返還額
(対象者になった年の4月から2年間に
貸与を受けた金額)の全額を最大で補助
2018年
7月13日
(個人で応募)
資格】以下のすべての条件に該当することが必要
・応募時点で、日本学生支援機構奨学金等の貸与を
申請している者、または貸与を受けている者。
・応募時点で、大学院理学研究科、工学研究科、
農学研究科、薬学研究科に相当する研究科に
在学する博士前期課程1年生。
・大学院博士前期課程を修了した年の翌年4月末日
までに山口県内の製造業に就業することを希望する者。

募集要項等はこちらからダウンロードしてください。
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter