ページの本文です。

現在募集中の地方公共団体及び民間奨学団体等の奨学金

2022年5月23日更新

現在募集中の地方公共団体及び民間奨学団体等の奨学金

現在募集中の地方公共団体及び民間奨学団体等

各奨学金は、大学(学生・キャリア支援課)が申請を受け付け、募集機関へ推薦手続きを行います。
学内締切は、募集要項に記載の締切日より早めに設定しています。応募の際は締切日にご注意ください。
※項目「締切」に(個人応募)とある場合は、申請者自身が募集機関へ直接申請(書類提出等)してください。

奨学金等の名称 募集人数 種別

金額

※年額の
表示が
あるもの
以外は
月額

締切 要件等
川村育英会学部奨学生 1名 給付 30,000円 2022/6/10 2022年度大学の学部2年次に在学する者で次のすべてに該当する者
・化学、応用化学、化学工学などの化学系、および機械、電気電子工学系を専攻
・生計を一にする家族の年間収入(祖父母の年金収入は除く)が500万円以下。
・成績証明書記載の学業成績に占める80点以上の成績(A・優以上)の割合が50%以上
※詳しくは募集要項で確認してください。
※申請様式は学生・キャリア支援課へ電子メールによりお問い合わせください。
川村育英会大学院奨学生 1名 給付 60,000円 2022/6/10 2022年度大学の博士前期1年次に在学する者で次のすべてに該当する者
・化学、応用化学、化学工学などの化学系、および機械、電気電子工学系を専攻
・生計を一にする家族の年間収入(祖父母の年金収入は除く)が500万円以下。
・成績証明書記載の学業成績に占める80点以上の成績(A・優以上)の割合が50%以上
※詳しくは募集要項で確認してください。
※申請様式は学生・キャリア支援課へ電子メールによりお問い合わせください。
森記念奨学金 5名以内 給付 50,000円 2022/6/10 ・食品科学関する分野を専攻、研究している者のうち、経済的に学業の継続が困難で学業・人格ともに優れた者と認められる者
※詳しくはこちら(東洋水産財団森記念奨学金 ホームページ)で確認してください。
日榮新化奨学金 全体5名 給付 年額300,000円 2022/6/10 ・.本学理学部化学科在籍の学生
・他の奨学金等を受けている方も応募可能
※詳しくは こちら(日榮新化奨学金 ホームページ)で確認してください。
日揮・実吉奨学会奨学金 1名 給付 年額300,000円 2022/6/3 ・理工系学科または専攻の学部生・大学院生(日本人)
・人物・学力ともに優れ、健康で、経済的に奨学金の給与が必要であると認められること
・日本国籍で30歳未満
・日本学術振興会特別研究員採用者でないこと
※詳しくは募集要項で確認してください。
※申請様式は学生・キャリア支援課へ電子メールによりお問い合わせください。
JEES・出光興産(潤滑技術)奨学金 1名 給付 80,000円 2022/5/30 ・2022年4月1日時点に博士前期1~2年または博士後期1年に在籍する日本国籍を有する者(永住を許可された者を含む)
・トライボロジーに関わる機械、電気、化学、材料、ものづくりなどの工学分野を専攻する者
・大学の長の推薦を受けることができる者
※詳しくは募集要項で確認してください。
※申請様式は学生・キャリア支援課へ電子メールによりお問い合わせください。
以下募集終了
奨学金等の名称 募集人数 種別

金額

※年額の
表示が
あるもの
以外は
月額

締切 要件等
マース奨学財団給付型奨学生 1~3名 給付 50,000円 募集終了 ・学資が豊かでない日本国籍を有する学部1~4年生を対象。
・品行方正、志操堅固、健康で学業成績が優秀な者。
・他の民間財団奨学金との併給不可。
・奨学金の支給期間中に留学による休学を予定していない者。
※詳しくはこちら(マース奨学財団 ホームページ)で確認してください。
似鳥国際奨学財団2022年度下期奨学生 最大100名(上下期合計) 給付 50,000円 募集終了
(個人応募)
2022年10月1日時点で23歳以下であって、日本国内の大学の学部課程の1~4年に
正規生として在籍予定の者
※詳しくはこちら(似鳥国際奨学財団 ホームページ)で確認してください。
楠田育英会奨学金 全体16名 給付 30,000円 募集終了 ・大学第2年次以上に在学し、学業、人物ともに優秀かつ健康であって、学資の支弁が困難と認められる者。
・自己の専門分野の知識及び経験を生かして将来社会に寄与する志を有する者。
・知識及び経験を社会で生かすため、又は社会に寄与することを目指し、学内外での活動・ボランティア活動などの実践活動を積極的に行っている者。
※詳しくは募集要項及びこちら(楠田育英会ホームページ)で確認してください。
守谷育英会奨学金 全体約70名 給付 120,000円 募集終了 ・学部生、大学院生を対象(外国人留学生を除く)。
・学業、人物とも優秀であって、学資の支弁が困難な者。
※詳しくは募集要項で確認してください。
※申請様式は学生・キャリア支援課へ電子メールによりお問い合わせください。
エフテック奨学生 2名 給付 30,000円 募集終了 ・学部2年生以上(22歳以下 )、博士前期1年生(25歳以下 )・博士後期1年生(28歳以下)を対象。
・学業、人物共に優秀な者。
・将来社会に貢献できる有用な活動を目指し、奨学金を自身の将来の成長のために有用に活用できる者。
・年1回の奨学生交流会に出席可能な者。
※詳しくは こちら(エフテック奨学財団 ホームページ)で確認してください。
※申請様式は学生・キャリア支援課へ電子メールによりお問い合わせください。
前澤育英財団奨学生 2名 給付 40,000円 募集終了 ・学部1年生を対象。
・東京都民の子弟又は都内在住者。
・学業、人物ともに優秀かつ健康であり、学資の支弁が困難と認められる者。
※詳しくは募集要項で確認してください。
※申請様式は学生・キャリア支援課へ電子メールによりお問い合わせください。
辰野環境財団奨学生 全体30名 給付 30,000円 募集終了 ・学部3年生、4年生を対象。
・地球環境問題解決に寄与し、社会貢献を目指す者。
・学業、人物ともに優秀かつ健康であり、経済的支援を必要とする者。
・財団が要請するレポートや給付期間中の成績証明書等の提出ができる者。
※詳しくは募集要項で確認してください。
※申請様式は学生・キャリア支援課へ電子メールによりお問い合わせください。
誠志ツルヤ奨学金 全体6名 給付 30,000円 募集終了
(個人応募)
・2022年4月、大学に新たに進学した新1年生で且つ食品及び直接食品に関連する分野で学ぶ学生。
・長野県、及び群馬県出身者(長野県、及び群馬県内の高等学校卒業者で且つ実家が長野県、及び群馬県内)あるいは長野県、及び群馬県下に学ぶ者。
・学業優秀、品行方正でありながら、経済的理由により就学が困難な者。
・他の奨学金との併給原則不可
※詳しくは こちら(誠志ツルヤ奨学会ホームページ)で確認してください。
鷹野学術振興財団奨学生 若干名 給付 年額600,000円 募集終了 ・2022年4月1日現在、学部1-3年次及び博士前期1年次に在籍する者
・「科学技術関係」を専攻し、卒業後は「製造業」への就職を希望している者
・他奨学金等との併給不可
※詳しくはこちら(鷹野学術振興財団 ホームページ)で確認してください。
JEES・MHIみらい奨学金 1名 給付 120,000円 募集終了 ・2022年4月に博士前期課程1年次に在学する女子学生
・化学、電気・電子、機械、原子力、情報、金属・材料を専攻する者
・博士前期課程修了後、日本企業への就職を希望し、かつ理工系のエンジニアとしてエネルギーの分野においてグローバルに活躍する意思・意欲のある者
※詳しくは、募集要項で確認してください。
 申請様式については学生・キャリア支援課へお問い合わせください。
オーディオテクニカ奨学生 1名 給付 20,000円 募集終了 ・対象:
学部生:2022年4月に2年次から4年次として在学する者
大学院生:2022年4月に前期課程1年次又は2年次として在学する者
・大学または大学院で理工学を学ぶ者
・健康で学業の成績が優秀な者
・経済的理由により学費の支弁が困難である者
・下記行事に出席できる者
 (1)奨学生生活状況報告会(5月)
  (2)奨学生の集い(9月11日予定)
※詳しくはこちら(オーディオテクニカ奨学会ホームページ)で確認してください。
日清食品・安藤百福Scholarship 4名 給付 年額1,000,000円 募集終了 ・食科学に関連する研究を行う大学院生。博士前期・後期 は問いません。
・日本国籍を有し、日本の大学院に在籍中の方。
・学業、人物ともに優秀かつ健康で、学資など の経済的支援を必要としている方 。
・就学および 生活状況を毎月 メール 報告、年度末に指定の書類提出ができること 。
・海外留学を目的とした奨学金ではないため、 留学予定の方は応募できません。
※詳しくはこちら(安藤スポーツ・食文化振興財団ホームページ)で確認してください。
JPC奨学生 全体7名 給付 30,000円 募集終了 ・2022年4月1日時点、学部1年又は博士前期・後期1年である者
・理工系の学部または研究科に所属する者
・日本国籍を有する者
・2022年4月1日現在30歳以下であること
・学業、人物ともに優秀であり、健康であること
・財団の行事への参加が可能であること
※詳しくはこちら(公益財団法人JPC奨学財団ホームページ)で確認してください。
吉田育英会大学院生給与奨学金<マスター21> 1名 給付 80,000円又は大学院学校納付金実費 募集終了 ・日本国籍を有する方
・2022年4月1日時点において27歳未満の者
・2022年4月1日時点において、学部4年次に在学中の者
・2022年秋季または2023年春季に日本の大学院博士修士課程へ入学を希望する方
・進学先大学院において自然科学系分野を専攻する方
※詳しくはこちら(吉田育英会ホームページ)で確認してください。
いであ環境・文化財団奨学生 3名(学部2年以上 )・3名(博士前期・後期 ) 給付 年額200,000円 募集終了 ・環境分野又は芸術分野を専攻する学生
※応募資格は、応募分野にてことなりますので、こちら(公益財団法人いであ環境・文化財団ホームページ)で確認してください。
戸部眞紀財団奨学生 全体45名 給付 50,000円 募集終了
(個人応募)
・2022年4月1日時点で学部学生3年以上又は博士前期・後期に在籍する者
・化学・食品科学、芸術学/デザイン学、体育学/スポーツ科学、経営学の分野で修学している者
・向学心に富み、学業優秀、品行方正である者
・学資の支弁が困難と認められる者
・2022年4月1日現在で30歳以下であること
※詳しくはこちら(公益財団法人戸部眞紀財団 ホームページ)で確認してください。
吉田育英会
大学院生給与奨学金
 <ドクター21>
2名 給付 ・200,000円
・大学院学校納付金実費
・海外研究活動支援実費
募集終了 ・日本国籍を有する方
・2022年4月1日時点において30歳未満の者
・2022年4月1日時点において、博士前期2年次に在学中の方
・2022年秋季または2023年春季に日本の大学院博士後期課程へ入学を希望する方
・進学先大学院において自然科学系分野を専攻する方
※詳しくはこちら(吉田育英会ホームページ)で確認してください。
森下仁丹奨学会
2022年度給付奨学生
全体で
28名(学部・大学院)
給付 30,000 円 募集終了 志操堅実、学力優秀でありながら、経済的理由により学業の継続が困難な学部生又は大学院生 (ただし留学生は除く)
※詳しくはこちら(森下仁丹奨学会ホームページ)で確認してください。
※書類提出の前に、申請者個人が奨学会へ電話申込をする必要があります。
日本証券奨学財団奨学生 3名 給付 55,000円(自宅外)
45,000円(自宅)
募集終了 ・2022年4月1日時点で学部生22歳以下、博士前期25歳以下、博士後期28歳以下
・他の奨学金(日本学生支援機構貸与型除く)を受給又は応募(予定を含む)していない者
※詳細は、募集要項で確認してください。
※希望者には、申請様式をメールでお送りしますので、学生・キャリア支援課へお問い合わせください。
キーエンス財団奨学金 全体500名程度 給付 80,000円 募集終了
(個人応募)
・2022年4月1日時点で20歳以下である者(留学生除く)
・.経済的な支援を必要としている者
・.給付期間中にレポート等を提出できる者
※詳しくはこちら(キーエンス財団ホームページ)で確認してください。
2022年春季服部奨学生 全体60名 給付 100,000円 募集終了 ・社会的課題に関心を持ち、解決のために積極的に行動する意欲のある者
・品行方正、人格円満であり、学業に優れ、かつ心身ともに健康である者
・経済的理由で修学が困難な者
・募集要項に記載の応募条件を満たしている者
※詳しくはこちら(服部国際奨学財団 ホームページ)で確認してください。
松尾金蔵記念奨学金 博士前期1年・
後期1年 各1名
給付 年額1,000,000円 2022年4月13日 文学、哲学(宗教学、美学、美術史含む)、言語学、人文地理学、文化人類学、教育学、心理学、社会学、史学等(経・法を除く人文社会)を学ぶ、2022年4月時点で博士前期課程及び博士後期課程1年次の学生で、次に該当する者:
(1)博士前期課程:家族の生計を支える者の前年度年収が原則800万円以下
博士後期課程:本人の前年度収入が原則250万円以下
(2)原則として他の奨学金を受給していない者
(3)品行方正、健康で学業成績が優秀な者
(4)年齢(2022年4月1日現在)が30歳以下の者
※詳しくはこちら(奨学金募集ホームページ)で確認してください。
2022 年度「がんばれ!日本の大学生」応援給付金 (キーエンス財団 ) 全体2,000 名程度 給付 300,000円(一時金)
・予備選考:2022年4月22日
(個人応募)
・本選考:2022年5月12日
(個人応募)
応援給付金への応募ができる方は、以下の a ~ f の項目すべてに該当する方
なお、他の奨学金等との併用についての制限はありません。
a.日本の大学に在籍する大学生(2022 年度の新 1 年生を除く)である者
(4 年制の学部・学科生に限る。ただし通信教育課程及び夜間学部生、並びに留学生を除く。)
b.2022 年 4 月 1 日現在、23 歳以下である者
c.最短修業年限(*)にて卒業の見込みがある者
d.昨年までの「がんばれ!日本の大学生」応援給付金を受給していない者
e.当財団の奨学生ではない者
f.勉学に励み、目標をもって頑張っている大学生
※詳しくはこちら(キーエンス財団ホームページ)で確認してください。
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter