News&Info

ワヒダさん(本学博士課程2年=アフガニスタン女性大学教員)学長室を訪問!

 アフガニスタンでは女性が職を持って働くことが困難な時代を経験してきました。現政権で女性教員の職場復帰は徐々に進められていますが、そのためには復帰プログラムが求められます。本学はアフガニスタンの女子教育のための女性指導者の支援を目的として、2002年に津田塾大学、東京女子大学、奈良女子大学、日本女子大学とともに「五女子大学コンソーアム」を立ち上げ、その活動の一つとして、アフガニスタンの女性大学教員を大学院生として受け入れました。2003年10月のことです。そのときにお茶の水女子大学に来たのが、ワヒダ・ユーソフザイさんです。
 ワヒダさんは現在、博士課程の2年生で、生化学を専攻しています。彼女はアフガニスタンに一時帰国したときに結婚し、昨年12月6日には日本で出産されました。名前はハディアちゃんです。その意味は「神様の贈り物」。彼女の凛々しい大きな瞳はキラキラと光っています。そんな瞳にも後押しされて、ワヒダさんは博士号取得というゴールを目指して研究を続けています。夫のいるアフガニスタンから離れ、0歳児の育児と研究を両立させる大事業です。
 わたしたちに、どんなことができるのか。いや、そうではなく、わたしたちもその大事業に参加し、彼女に学び、成長していきたいと思っています。ワヒダさんとわたしたちの取り組みは、わたしたちの未来です。博論執筆再開へ向けての出発の日に、郷通子学長とワヒダさんとともに語り合い、わたしたちのこれからについての誓いを新たにしました。

ワヒダさん(右)とハディアちゃんを抱く郷学長

国立大学法人お茶の水女子大学 〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1

責任者:お茶の水女子大学ホームページ運営委員会委員長 

E-mail: