業務内容 産学官連携 各種研修員・研究員 公募 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理

ページの本文です。

公益財団法人吉田秀雄記念事業財団 平成30年度研究助成

2017年11月9日更新

研究助成の目的

“広告・広報・メディアを中心とするマーケティング及びコミュニケーション等”に関する研究助成を通じてその理論・技術及び知識・情報の普及・発展を図り、もって学術・文化・経済の持続的発展及び一般消費者の利益の増進に資することを目的とする。

対象者

“広告・広報・メディアを中心とするマーケティング及びコミュニケーション”に関連する研究に携わる研究者で、助成を受ける期間中、大学に所属する者。

対象部門

【常勤研究者の部】
対象者
 大学に在職する助教以上の常勤研究者(個人またはグループ研究)
助成額・件数
 単年研究 300万以内/件、継続研究 400万以内/件 10件程度

【大学院生の部】
対象者
 博士後期課程に在籍する大学院生(個人またはグループ研究)
助成額・件数
 単年研究 50万以内/件、継続研究 60万以内/件 10件程度


募集課題

(1)自由課題(上記分野に関する研究課題を自由に設定)
(2)指定課題
  1.消費者との効果的なコミュニケーションを行う方法に関する研究
  2.広告・コミュニケーション研究やマーケティング研究の新たな方法論の開発につながる他領域における関連研究
  3.企業・組織のグローバル展開におけるコミュニケーション研究

研究期間

(1)単年研究 1ヵ年以内(平成30年4月1日~平成31年3月10日)
(2)継続研究 2ヵ年以内(平成30年4月1日~平成32年3月10日)

募集期間

平成29年12月1日(金)~平成30年1月10日(水)必着

申請手続き

下記HPを参照
http://www.yhmf.jp/index.html

関連リンク / Related Links

»詳しくはこちら (新しいウインドウが開き、本サイトを離れます)

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter