業務内容 産学官連携 各種研修員・研究員 公募 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理

ページの本文です。

公益財団法人山田科学振興財団 2018年度研究助成

2017年11月8日更新

援助の趣旨及び内容

1.本財団は自然科学の基礎的研究に対して、研究費の援助を致します。
 実用指向研究は援助の対象としません。推薦に際しては、次記を考慮して下さい。
 1)萌芽的・独創的研究
 2)新規研究グループで実施される研究
 3)学際性、国際性の観点からみて優れた研究
 4)国際協力研究
 ※評価が定着して研究資金が得やすいものより、萌芽的で将来の発展が期待される基礎研究の計画を重視します。

2.援助額は1件当たり100~500万円、総額3,000万円、援助総件数は15件程度です。

3.援助金を給与に充てることは出来ません。特に財団が指定した場合を除き、給与以外の使途は自由です。

4.援助金の使用期間は、贈呈した年度及びその次の年度の約2年間とします。

申請者資格

1. 当該研究を独立して実施し得る者でなければなりません。すなわち、当該研究者は代表研究者であることを必要とし、単に研究グループの研究費集めの一端を担う者であってはなりません。
2. 身分、経歴、年齢等は問いません。但し、日本の研究機関に所属する研究者であることが必要です。

申請手続き

下記HPを参照
http://www.yamadazaidan.jp/index.html

応募〆切

平成30年2月23日(金)必着

関連リンク / Related Links

»詳しくはこちら (新しいウインドウが開き、本サイトを離れます)

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter