業務内容 産学官連携 各種研修員・研究員 公募 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理

ページの本文です。

熊本大学発生医学研究所 平成30年度共同研究

2017年12月22日更新

共同研究公募領域

(1)発生制御領域
発生・再生現象の機構およびヒト疾患の発症・防御機構を分子・細胞・組織レベルの観点から解明することを目指すもの。エピジェネティクス、 AAAファミリー等のタンパク質機能、細胞コミュニケーション機構、DNA損傷修復機構など。

(2)幹細胞領域
ES細胞・iPS細胞・組織幹細胞等の制御機構解明を再生医学に展開することを目指すもの。各種幹細胞の操作、分化制御機構、分化細胞の機能など。

(3)器官構築領域
3次元構造をもつ器官の形成を制御する基本原理の解明を目指すもの。遺伝子改変マウス等のモデル生物を駆使した組織及び器官の構築機構など。

複数の領域にまたがるような学際的課題についても考慮します。

申請資格・要件

◆平成30年4月1日の時点で、大学・研究機関の教員又は研究者である者。なお、大学院生は研究代表者にはなれませんが、研究チームの一員として記載はできます。
◆共同研究は、研究代表者や共同研究者が本研究所に来所して、本研究所の受入教員(助教以上)と共同して行うものとし、来所計画の含まれない課題は該当しません。
◆同じあるいは類似のテーマでの課題申請は、最長5年までとします。
◆熊本大学内の教員・研究者が研究代表者である場合は、共同研究者に学外者が含まれ、その共同研究者が来所して共同研究を行う場合に限り、審査の対象になります。但し、全国共同利用・共同研究拠点の趣旨から採択数が制限されることはご了承ください。
◆研究代表者には少なくとも年に1回、本研究所全体に向けたセミナーをお願いします。

研究期間

平成30年4月1日から平成31年3月31日までの1年間

所要経費

100万円を上限として共同研究に必要な経費を支援します。旅費は、共同研究、セミナー等のために来所に要する費用に限ります。来所して共同研究を行う可能性がある共同研究者(大学院生等を含む。)の旅費も計上可能です。また、本研究所の受入分野が共同研究のために使用する費用も含めることができます。

申請期限

平成30年2月1日(木)必着

申請方法

下記HPを参照
http://www.imeg.kumamoto-u.ac.jp/kyodo2018kobo/

関連リンク / Related Links

»詳しくはこちら (新しいウインドウが開き、本サイトを離れます)

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加