業務内容 産学官連携 各種研修員・研究員 公募 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理

ページの本文です。

京都大学放射線生物研究センター 平成30年度共同利用研究等

2017年11月1日更新

申請資格

 大学・研究機関の正規の職員又はこれに準ずる研究者。(大学院生は、研究協力者に含めることができます)ただし、研究計画に参加する研究者のうち、実際に放射性同位元素を取り扱う者は、その所属機関において法令に定める放射線作業従事者として登録・管理され、必要な教育訓練等を受けている者でなければならない。
 また、組換えDNAを取り扱う場合にも、所属機関等において組換えDNA操作作業従事者として登録・管理されている者でなければならない。
 放生研にマウス、ラット、ショウジョウバエなどの実験動物を持ち込む内容を伴う申請については、当該申請課題内容にかかる所属施設の動物実験委員会、組換え実験委員会の申請、承認をうけていなければならない。採択後、これらの書類コピーを提出いただきます。

研究期間

平成30年4月1日からの研究計画について行うものとする。
なお、共同利用研究の公募は、原則として年度毎に行います。

申請期限

平成30年1月19日(金)必着

申請方法等

下記HPを参照
http://www.rbc.kyoto-u.ac.jp/

関連リンク / Related Links

»詳しくはこちら (新しいウインドウが開き、本サイトを離れます)

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加