業務内容 産学官連携 各種研修員・研究員 公募 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理

ページの本文です。

報告書作成手続き

2018年3月20日更新

平成29年度科研費報告書作成手続きについて

作成方法

科研費電子申請システムを利用して作成してください。

※研究者は「研究者ログイン」を、
 特別研究員は「特別研究員奨励費交付ログイン」を利用してください。
※平成30年4月上旬より入力可能予定

提出方法・提出締切

実績報告書】【実施状況報告書

「電子申請」提出 学内締切:平成30年5月10日(木曜日)

⇒「確認完了・送信」まで行ってください。
・受付後、研究協力課にて入力内容のチェックを行います。
 必要な先生には差し戻しを行います。
今年度より、提出方法の大幅な変更がございます。詳細はこちらからご確認ください。
※記入例・作成上の注意については、日本学術振興会ホームページ(新しいウインドウが開きます)をご確認ください。

成果報告書

「電子申請」提出 学内締切:平成30年6月12日(火曜日)

 前半部分:Web入力
 後半部分:様式(cfz-19)を作成し、電子申請システムにアップロードしてください。
※紙媒体での提出の必要はありません。
※記入例・作成上の注意については、日本学術振興会ホームページ(新しいウインドウが開きます)をご確認ください。

*参考*

平成30年4月1日以降、他機関へ異動・退職予定の方へ

平成29年度報告書の提出先について

提出先は「お茶の水女子大学」になります。ご注意願います。

連絡用メールアドレスについて

異動後においても、科研費の事務手続きについてメールでご案内いたします。
現在お使いのメールアドレス以外をご希望の場合には、研究協力課へご連絡ください。

他機関へ異動予定の方

以下の事項について、研究協力課へご連絡ください。
・異動先機関・部局名
・異動先機関の科研費事務担当者連絡先

関連リンク / Related Links

»日本学術振興会 (新しいウインドウが開き、本サイトを離れます)

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加