業務内容 産学官連携 各種研修員・研究員 公募 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理

ページの本文です。

応募方法

2018年11月27日更新

公募要領

文部科学省

・新学術領域研究、特別研究促進費
公募要領掲載ページ

日本学術振興会

・特別推進研究、基盤研究、挑戦的研究(開拓・萌芽)、若手研究
公募要領掲載ページ

・研究成果公開促進費 (「学術図書」など)
公募要領等掲載ページ

・奨励研究
公募要領等掲載ページ

応募方法

本学事務指定の学内締切までに、電子申請にて「確認完了・提出」まで行ってください。
審査はモノクロ印刷で行われます。カラーで作成された部分が読みづらくなる場合がありますのでご注意ください。

注意事項

研究分担者の依頼・承諾手続き

従来の「研究分担者承諾書」は廃止され、分担者承諾は電子申請システム上で行うこととなりました。
分担者を参画させる場合、分担者および分担者所属機関のシステム上の承諾が済むまで調書の提出ができませんので、早めの承諾依頼が必要です。

科研費メンターによる調書チェック

事務による確認に加えて、採択率UPの観点から、学内研究者による内容確認を行います(研究成果公開促進費・奨励研究を除く。)
常勤若手研究者(教授・准教授相当職以外)および教授・准教授で科研費採択実績がない方が対象です。
対象者で内容確認を希望しない場合、または対象外で希望する場合は、研究協力課までご連絡ください。 

新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究

新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究へ応募の際、領域代表者の指定する締切日がある場合には、研究協力課へご連絡ください。

文部科学省・JSPS説明会資料

参考: 「平成31年度科学研究費助成事業公募要領等説明会」資料(新しいウインドウが開きます)

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加