業務内容 産学官連携 各種研修員・研究員 公募 科学研究費助成 日本学術振興会諸事業 研究倫理

ページの本文です。

受託研究員制度

2016年11月30日更新

受託研究員とは

受託研究員とは、民間企業等の技術者及び研究者を、研究員としてお茶の水女子大学に受入れる制度です。
受入期間は一年以内とし、受入を許可された年度を越えることはできませんが、研究期間終了後に研究を継続する必要があるときは、継続申請を行うことができます。

お申し込み方法

新規でお申し込みいただく場合

指導を受けたい研究内容、期間等について本学教員とご相談のうえ

  1. 下記別紙様式第1号に必要事項を記載していただいたもの
  2. 研究員の所属機関が作成した推薦書(様式任意)
  3. 健康診断書
  4. 履歴書

とまとめて、研究協力課まで提出願います。

本学教授会で了承後、「受入承諾書」及び「入金依頼書」を送付いたしますので、入金依頼書の記載事項に従い、研究費をお納めください。

継続でお申し込みいただく場合

以下の事項が記載されている継続願を研究員の所属機関が作成のうえ、研究協力課まで提出願います。

  1. 研究者氏名
  2. 継続申請理由
  3. 継続研究期間
  4. 受入指導教官
  5. その他(前回申請内容と異なる点がありましたら記載願います。)

継続でお申し込みいただいた場合も新規申し込みと同様、本学教授会で了承後、「受入承諾書」及び「入金依頼書」を送付いたしますので、入金依頼書の記載事項に従い、研究費をお納めください。

研究料

受託研究員一人につき下記の研究料を納付願います。
長期(6ヶ月を超えて1年以内)  金556,675円
短期(6ヶ月以内)  金278,337円


  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加