ページの本文です。

教育改革の取り組み

2016年3月28日更新

今年創立140周年を迎えるお茶の水女子大学は、明治、大正、昭和、平成と時代の変遷を経て、常に普遍的な学術的価値に創造と未来を担う女性人材の育成に努めてきました。そして、本学で学び巣立った卒業生たちは、様々な領域で豊かな才能を開花させ、社会をリードし、新たな時代を作ってきました。

国際的な教育研究機関としての本学は、これからも女性たちの真摯な夢の実現の場であり続け、国の内外における女性たちの多様な活躍を支援することをミッションとして掲げ続けることが必須であると考えています。本学では、140年にわたって果たしてきた先導的な女子教育の歴史と伝統の上に立って、現在、リベラルアーツ教育、グローバル教育、リーダーシップ教育などの特色ある教育システムを構築しています。そして教職員たちは、それらの教育・実践を通して、学生たち自身が自律性と協調性を育み、論理的思考力と創造的探究心を習得できるよう、日々研鑽に努めています。教育の基本である教養教育においては、本学の特色として「21世紀型リベラルアーツ教育」が挙げられます。これは、学生たちが自ら課題を発見し、それを解析・考察して、解決のための方策を見つけ出すという能力を習得するプログラムで、様々な領域の教員たちの連携によって、既存の学問分野を超えた幅広い知識や手法を提供しています。また、専門教育においては、これまでに「21世紀COE(Center of Excellence)」や「グローバルCOE」事業を実施し、高度な教育と研究に資する活動を展開してきました。現在は、世界で活躍できる女性博士人材育成のための「大学院博士課程教育リーディングプログラム」が推進されています。お茶の水女子大学は、これらの教育・研究活動を通して、優れた次世代人材の育成と豊かな未来を創造し得る高度な教育研究機関として、日本のみならず国際的に社会をリードし未来を創造するために、努力を重ねて参ります。

お茶の水女子大学長 室伏 きみ子

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加