ページの本文です。

お茶大発新型AO入試(新フンボルト入試)について

2016年6月29日更新

お茶大発新型AO入試(新フンボルト入試)について


募集要項を公開しました。募集要項・プレゼミナールのご案内はこちら(新しいウインドウが開きます)。

お茶の水女子大学では、平成28年度(平成29年度入試)から現行のAO入試を大きく変えた新しい入試を始めます。今回導入する新型AO入試は、一次選考を兼ねるプレゼミナールと二次試験を各々2日かけて行うという二段構えの、手間暇をかけたユニークな入試です。
まずプレゼミナールでAO受験者に大学の授業をじかに体験してもらい(受講を必須とします)、そこでのミニレポートや他の提出書類を評価して一次選考を行います。二次選考では、文系は本学附属図書館を舞台に自在に文献や資料を駆使しつつ自分の論をじっくり練り上げ、またグループ討論や面接を通じて論理力や課題探求力、独創性などを評価します(図書館入試)。理系は各学科の専門性に即した実験や実験演示、データの分析等の課題を課したり、高校での学びを活かした課題研究発表などを行ってもらい、探求する力をみます(実験室入試)。その成果やプロセスを評価することで、いわゆるペーパーテストで測れないみなさんのもつ潜在的な力(ポテンシャル)を丁寧に見極めたいと考えています。単なる知識量の多寡ではなく、その知識をいかに「応用」できるかを問う入試です。
この入試を通して、基礎学力をしっかり身につけたうえで広く深くものごとを探求することのできる人、入学してからの学修で、さらには社会に出てから、あるいは大学院に進んで研究を続けていくなかで、ますますその才能を伸ばしていけるような、豊かな可能性をもっている人を迎え入れたいと考えています。この入試のための特段の準備はいりません。今高校で学びながら育んでいる力をそのままこの入試にぶつけてみてください。

  1. 受入学部・学科
    文教育学部:人文科学科、言語文化学科、人間社会科学科 (グローバル文化学環を含む)
    理学部 :数学科、物理学科、化学科、生物学科、情報科学科
    生活科学部:食物栄養学科、人間・環境科学科、人間生活学科
    (以下、文教育学部の3学科および生活科学部人間生活学科を「文系学科」、
    理学部5学科および生活科学部食物栄養学科、人間・環境科学科を「理系学科」と呼ぶ)
  2. 募集人数
    全学で20名以内
  3. 選考日程
    出願期間 2016年8月29日(月曜日)~9月1日(木曜日)
    プレゼミナール(一次選考) 2016年9月24日(土曜日)・25日(日曜日)

    一次選考結果発表 2016年10月3日(月曜日)
    二次選考 2016年10月15日(土曜日)・16日(日曜日)
    合格発表 2016年10月24日(月曜日)

  4. 出願資格
    次の(1)~(2)の要件に該当する女子。
    (1)高等学校もしくは中等教育学校を平成27年3月以降卒業した者、および平成29年3月卒業見込みの者
    (2)お茶の水女子大学での勉学を強く希望し、合格した場合には必ず入学することを確約できる者
  5. 出願要件
    (1)調査書の学習成績概評がA段階であることが望ましい
    (2)学科別に指定されている下記の科目(指定科目)について、履修し単位を得ているか、もしくは入学時までに単位を修得見込みであること
    学部・学科 要件
    文教育学部 人文科学科 指定科目なし
    言語文化学科 指定科目なし
    人間社会科学科 数学I・II・A・B
    理学部 数学科 数学I・II・III・A・B
    物理学科 物理基礎・物理および数学I・II・III・A・B
    化学科 化学基礎・化学、数学I・II・III・A・Bと、(物理基礎・物理)又は(生物基礎・生物)の2組のうちのいずれか1組
    生物学科 生物基礎・生物、数学I・II・III・A・Bと、 (物理基礎・物理) 又は(化学基礎・化学)の2組のうちのいずれか1組
    情報科学科 数学I・II・III・A・Bと、 (物理基礎・物理)、(化学基礎・化学)、(生物基礎・生物)の3組のうちのいずれか1組
    生活科学部 食物栄養学科 数学I・II・A・Bと(物理基礎・物理)、(化学基礎・化学)、(生物基礎・生物)の3組から2組
    人間・環境科学科 数学I・II・III・A・Bと、 (物理基礎・物理)、(化学基礎・化学)、(生物基礎・生物)、(地学基礎・地学)の4組から2組
    人間生活学科 指定科目なし
  6. 出願書類
    願書、写真票、受験票(本学所定の用紙)
    調査書(高等学校長が作成し、厳封したもの)
    志望理由書(本学所定の用紙)
    活動報告書(本学所定の用紙)
    留学経験、英語以外の外国語検定試験のスコア・級、各種表彰記録等
    国際バカロレア資格取得者は、資格証書の写し(取得予定の者は、資格取得見込み証明書)
    生物学科志望者は、自主研究課題のポスター(A4判一枚) ※平成29年度入試については、文系学科・理系学科志望者ともに次の外国語検定試験のスコア・級をもっていれば提出すること。
    【TOEFL、IELTS、TEAP、英検、TOEIC、GTEC】
    ※平成30年度入試以降には、文系学科志望者は、外国語検定試験(TOEFL、IELTS、TEAP、英検、TOEIC、GTEC)のスコア・級の提出を必須とします。
    (※TOEFL、TOEICについては、団体特別受験制度によるスコアは認めません。また、提出していただくスコア・級の写しについては、プレゼミナール初日からさかのぼり原則として2年以内に受験したものとします。)
  7. 選考方法
    第一次選考(9月24日(土曜日))
    9月24日(土曜日)プレゼミナール初日のいずれかのセミナーを必ず受講すること。
    セミナー受講時に作成したレポートや、出願時に提出する志望理由書・活動報告書・外国語試験成績等を総合的に評価し第1次選考を行う。
    ※ 生物学科は出願時に、自主研究発表のポスター(A4判に縮小印刷)の提出を必須とする。
    ※ なお、プレゼミナールは9月24日(土曜日)、9月25日(日曜日)の2日間開催し、その各セミナーには、受験者以外の高校2・3年生や高校教員も受講できることとなっている。
    第二次選考〔文系は10月15日(土曜日)・16日(日曜日) 理系は15日(土曜日)のみ〕
    (A)文系「図書館入試」
    1日目は、附属図書館で図書などを自由に参照しつつ課題についてのレポートを作成する。
    2日目は、グループ討論と面接を課す。
    (B)理系「実験室入試」
    (1)理学部生物学科は、自主研究のポスター発表を課す(自主研究のポスター発表を中心とした、これまでの高校での取り組みを評価する試験)。
    (2)生活科学部人間・環境科学科は、自主研究のポスター発表・質疑応答を課す。自主研究のテーマは自由、ポスターの大きさは、縦180cm×横90cmのボードに収まるサイズとし、第2次選考の当日に持参すること。
    (3)生活科学部食物栄養学科は、自主研究のポスター発表・質疑応答と個人面接を課す。自主研究のテーマは自由、ポスターの大きさは、縦180cm×横90cmのボードに収まるサイズとし、第2次選考の当日に持参すること。
    (4)上記以外の理系学科は、思考力や探求力などの能力をみる専門性のある試験課題を課す。
    例)実験、実験演示や実験データをもとにして考察する/黒板などを使って考え方を説明する。

    (注)なお、第2次選考の詳細については、「第1次選考合格通知書」に同封し通知する。


    ※本入試の詳細についてはまだ検討中の部分があります。確定次第順次大学ホームページ(http://www.ocha.ac.jp/)等で公表します。


 

【お問合せ先】
入試課
TEL:03-5978-5151,5152
E-mail:nyushi@cc.ocha.ac.jp

関連リンク / Related Links

»新フンボルト入試プレゼミナール開催(9/24,25)
»学部募集要項

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加