ページの本文です。

池松香さん、尾崎保乃花さんが日本ソフトウェア科学会で受賞

2018年1月15日更新

日本ソフトウェア科学会第26回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS 2017)において、大学院理学専攻情報科学領域博士後期課程2年の池松香さんと、博士前期課程2年の尾崎保乃花さんがそれぞれ下記の賞を受賞しました。

最優秀論文賞および発表賞

WISS 2017では、21件の論文が採択され(採択率37%)、登壇発表されました。
これらの論文・発表の中から、プログラム委員の投票による最優秀論文賞が1件の論文に、また参加者の投票による発表賞が1件の発表に授与されました。

受賞論文

池松香, 椎尾一郎,
Ohmic-Touch: 静電容量方式タッチサーフェス上におけるオブジェクトを介したインタラクション手法
ソフトウェア科学会WISS 2017論文集, No. 81, pp. 71-76, 山梨県北杜市, 2017.12.6-8.
http://www.wiss.org/WISS2017Proceedings/oral/13.pdf

対話発表賞(PC委員)

WISS 2017で発表された60件のデモ・ポスター発表に対して、参加者の投票により1件、およびプログラム委員会委員(PC委員)の投票により2件の対話発表賞が授与されました。

受賞研究

尾崎 保乃花, 的場 やすし, 椎尾 一郎,
実世界人形遊びを拡張する仮想ドールハウス
ソフトウェア科学会WISS 2017論文集, No. 81, 1-A15, 山梨県北杜市, 2017.12.6-8.
http://www.wiss.org/WISS2017Proceedings/demo/1-A15.pdf

受賞

WISS 2017および最優秀論文賞・発表賞・対話発表賞(PC委員)に関する情報はこちらをご覧ください。

http://www.wiss.org/WISS2017/Awards.html

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加