ページの本文です。

森彩乃さんが日本パーソナリティ心理学会第25回大会にて優秀大会発表賞を受賞

2017年1月20日更新

大学院人間文化創成科学研究科 人間発達科学専攻 心理学領域 博士後期課程2年の森彩乃さんが、2016年9月14日-15日に関西大学千里山キャンパスにて開催された日本パーソナリティ心理学会第25回大会にて、優秀大会発表賞を受賞されました。
この賞は、発表論文集原稿及び当日の発表内容から総合的に判断して選考されたものです。

受賞の対象となったタイトルは、以下の通りです

  • 「中高生の解離傾向が孤立傾向に及ぼす影響ーパネル調査による検討ー」

学会大会詳細については、こちらをご覧ください

http://conference.wdc-jp.com/jspp/25/

学会HPより

この学会は、パーソナリティ研究に関心をもつ者の集まりです。心理学に携わる者はもちろんのこと、精神医学などの医療に携わる者、文化人類学や民族学や経営学などの社会科学の領域に携わる者、あるいは教育学や社会福祉学など教育や福祉に携わる者といった近接領域の研究者や実践家にも門戸が開かれています。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加