ページの本文です。

女性活躍推進対策行動計画

2016年3月28日更新

女性活躍推進対策行動計画

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づき、すべての職員が仕事で能力 を十分に発揮するとともに、仕事と家庭を両立できる働きやすい職場環境をつくるため、 以下のとおり行動計画を策定する。

計画期間

平成28年4月1日から平成30年3月31日までとする。

内容

目標1 介護、育児等に関する制度を見直し、利用を促進する

対策(2016年4月から)

  • 介護、育児等に関する制度をまとめた資料を新任教職員研修で配付し、周知するとともに、管理監督者にも周知徹底する。
  • 育児のために早出遅出勤務を行える職員の対象範囲を拡大 する見直しを行う。

目標2 所定の勤務時間外労働を縮減する

対策(2016年4月から)

  • 引き続き、毎週木曜日を定時退庁日として定時退庁を促すとともに、管理監督者、職員に勤務時間外労働に対する意識の改革を図る。
  • 学内の会議は原則として17時以降に行わないよう努める。
  • 7月から9月に、朝型勤務を希望する事務職員を対象として就業時間を1時間早期化するとともに、7月~9月を「労働時間短縮期間」として勤務時間外労働縮減を促す。

目標3 女性教職員の活躍促進を図る

対策(2016年4月から)

  • 労働者に占める女性の割合40%以上を保持する。
  • 管理職に占める女性の割合30%以上を保持し、より活躍できる環境を検討する。
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加