ページの本文です。

国際女性デー記念イベント「121位の私たち ジェンダー格差をどう変える」

2020年1月27日更新

 121位—。世界経済フォーラム(WEF)が昨年12月に発表した、「男女格差(ジェンダーギャップ)報告書」の日本の順位です。調査対象153カ国中、日本は過去最低の順位となりました。3月8日の「国際女性デー」を前に、お茶の水女子大学と朝日新聞社は共同で、ジェンダーギャップについて考察し、日本の女性にエールを送るシンポジウムを開催します。米ニューヨーク ・ タイムズ初の ジェンダー・ エディターを務めたジェシカ・ ベネットさんらを招き、日本が直面するジェンダー格差の打開策について考えます。

詳細はこちらをご覧ください。(新しいウインドウが開きます)
https://globe.asahi.com/article/13042673


概     要
日     時 2020年3月3日(火)18:00~21:00 (開場 17:30)
場     所 お茶の水女子大学 講堂(徽音堂)
登 壇 者

・ジェシカ・ベネット氏 
 ニューヨーク・タイムズ 前ジェンダー・エディター

・フランチェスカ・ドナー氏 
 ニューヨーク・タイムズ ジェンダーイニシアティブ・ディレクター

・リッチ・素子氏 
 ニューヨーク・タイムズ東京支局長

・室伏きみ子氏 
 お茶の水女子大学長

・堀江敦子氏 
 スリール株式会社代表取締役

・石川優実氏 
 #KuToo運動呼びかけ人、俳優

プログラム 17:30 開場・受付開始
18:00 開演、主催者挨拶
  渡辺雅隆(朝日新聞社代表取締役社長)
18:05 インタビューセッション「アメリカのジェンダーギャップの現状」
  ジェシカ・ベネット氏(ニューヨーク・タイムズ 前ジェンダー・エディター)
  フランチェスカ・ドナー氏(ニューヨーク・タイムズ ジェンダーイニシアティブ・ディレクター)
  リッチ・素子氏(ニューヨーク・タイムズ東京支局長)
  インタビュアー 望月洋嗣(朝日新聞GLOBE編集長)
19:00 休憩
19:10 トークセッション、Q&A 「ジェンダ-格差をどう変えていくか?」
  室伏きみ子氏(お茶の水女子大学長)
  堀江敦子氏(スリール株式会社代表取締役)
  石川優実氏(#Kutoo運動呼びかけ人、俳優)
  ジェシカ・ベネット氏
  フランチェスカ・ドナー氏
  リッチ素子氏
  モデレーター 杉山麻里子・朝日新聞社会部次長、「Dear Girls」担当デスク
20:50 閉会ご挨拶
  室伏きみ子氏(お茶の水女子大学長)
21:00 終演
定     員

500名 (先着順)

参加費等 1,000円(税込、事前決済) ※学生は無料
同時通訳あり、託児サービスつき(要申込)
申し込み

申込〆切:2020年2月25日(火)

・お茶大生、お茶大教職員、その他お茶大関係者の申込みはこちら 
 https://que.digital.asahi.com/question/11001022
・学生の方(お茶の水女子大学学生以外)の申込みはこちら
 https://que.digital.asahi.com/question/11001020
・一般の方の申込みはこちら 
 https://ciy.asahi.com/ciy/11001004
ご注意

当日は、送付された申し込み確認のプリントアウト、もしくはメールをご提示のうえ、大学正門(南門からは入れません)で入構証をお受け取りください。身分証(運転免許証、保険証など)もご持参ください。

【問合せ先】

朝日新聞社「国際女性デー記念イベント」事務局
Tel: 03-6264-0574(受付時間は平日10:00~17:00、土日祝日を除く)
e-mail: sp-kjd@info-jimukyoku.jp

お茶の水女子大学「国際女性デー記念イベント」事務局
e-mail: IWD2020@cc.ocha.ac.jp

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加