ページの本文です。

平成28年度 お茶の水女子大学国語国文学会大会

2016年11月10日更新

このたび、下記の要領にて、お茶の水女子大学国語国文学会大会(研究発表会・総会)を開催いたします。
学会員・非学会員を問わず、ひろく皆様のご参会をお待ちしております。

平成28年度 お茶の水女子大学国語国文学会大会 開催概要
日時 2016年12月3日(土曜日) 13時~17時20分
会場 お茶の水女子大学 共通講義棟2号館 2階201号室(アクセス・地図はこちら) 
※土曜日につき南門(護国寺駅側)は閉鎖されておりますので、正門(春日通り側)をご利用ください
参加費 無料 (当日参加も可能です。)
プログラム

研究発表会

1. 山根可菜子(本学博士前期課程)

大江健三郎における「中心・周縁」価値転換の不徹底

―「追い出される女」に焦点化して―

2. 高張 優子(本学博士前期課程)

歌語「たをやめ」について―県居派の用例を中心に―

3. 深田 弥生(本学博士後期課程)

『源氏物語』における「きよら/きよげ」―「視点」に着目して―

4. 田川 麗(日本芸術文化振興会)

『播磨国風土記』の応神天皇説話―鹿の渡海伝承を起点に―

5. 朴 美京(韓国 忠南大学 招聘教授)

古事記における死について―自殺を中心に―

 

【講演】 荻原 千鶴 (お茶の水女子大学 教授)

大伴旅人論にむけて

 

【総会】

懇親会 当日は、総会終了後17時半より、懇親会を予定しております。

(会場:Student Commons(旧学生会館)1階ラウンジ、参加費:5000円)

一般の方の、学会の来聴も歓迎します。

卒業生で非会員の方は、懇親会のみのご参加もお待ちしております。

お問合せ先 お茶の水女子大学国語国文学会事務局
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
お茶の水女子大学日本語・日本文学コース室内
E-mail: matsuoka.tomoyuki@ocha.ac.jp
FAX: 03-5978-5208
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加