ページの本文です。

理学部の紹介

2016年3月28日更新

理学部

数学科、物理学科、化学科、生物学科、情報科学科

理学部は数少ない国立の女子大学として、特色ある存在を誇っています。女高師以来の伝統のもとに、講義、実験、演習では少人数制を生かした教育を行っており、女子大学であるがために、自主・自立性のより高い卒業生を輩出してきました。

当学部では、各学問領域のフロンティアに関する卒業研究をはじめ、それぞれの分野についての深い学識と研究の基礎能力、および探求力を身につけた女子学生の育成を目指しています。

大学院の進学者も年々増加し、進学率が80%を越える学科もでてきており、学生は新しい科学知識の獲得と発展に意欲を燃やし、これからの21世紀に向けて社会で先導的な役割を果たすべく努力をしています。

他大学や民間の研究機関、各省庁の研究機関等との共同研究も盛んに行われています。また、学科の枠を越えて、広く社会で活躍できるよう学際的な教育・研究を行っているのも大きな特徴です。

右矢印 理学部サイト

理学部の教員の紹介

  • 数学科(新しいウインドウが開きます)
  • 物理学科(新しいウインドウが開きます)
  • 化学科(新しいウインドウが開きます)
  • 生物学科(新しいウインドウが開きます)
  • 情報科学科(新しいウインドウが開きます)
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加