ページの本文です。

お礼とご報告

2016年3月28日更新

大学院生修学奨学基金へのご寄附のお礼とご報告[2013年7月末日]

皆様にはご健勝にお過ごしのことと拝察いたします。

お茶の水女子大学では、2008年度からお茶の水女子大学(新制大学)創立60周年記念事業として、大学院生一人一人の修学・研究生活をご支援いただく「大学院生修学奨学基金」を創設し、皆様方のお志を募っておりましたが、2013年7月に受付を終了しました。

本奨学金は、他に例のない支援学生1人1人の顔が見える奨学金として設立され、年に1度懇談会では、ご寄附いただきました皆様と大学院生が直接顔を合わせることができる、ユニークな試みと評価されました。

皆様のご寄附により、大学院生の修学等支援を行なうことができましたことをご報告させていただきますとともに、ご寄附されました皆様方に厚く御礼申し上げます。

2013年7月末日現在の基金状況
募金総額 2千万円
支援学生寄附者が指定する大学院の課程等に在籍する学生 3名
大学院修了後、幼稚園、小学校、中学校、高等学校等の教員を目指す学生 13名

なお、今後は、学部生及び大学院生の海外留学を支援する「海外留学支援奨学金」として、改めて制度設計を行っているところです。

引き続き、本学の教育・研究環境を整えていくための募金活動を進めてまいりたいと考えておりますので、今後ともご支援賜りますようお願い申し上げます。

2013年7月

国立大学法人 お茶の水女子大学長

羽入 佐和子

お茶の水女子大学被災学生支援基金へのご寄附のお礼とご報告[2013年7月末日]

皆様にはご健勝にお過ごしのことと拝察いたします。

お茶の水女子大学では、2011年4月から東日本大震災で被災した本学学生の修学支援のため、「お茶の水女子大学被災学生支援基金」を創設し、皆様方のお志を募っておりましたが、2013年7月に受付を終了しました。

皆様のご寄附により、東日本大震災で被災した本学学生の修学支援を行なうことができましたことをご報告させていただきますとともに、ご寄附されました皆様方に厚く御礼申し上げます。

引き続き、本学の教育・研究環境を整えていくための募金活動を進めてまいりたいと考えておりますので、今後ともご支援賜りますようお願い申し上げます。

2013年7月末日現在の基金状況
募金総額 1千3百万円
支援学生 一時見舞金 114名
(補足)災害救助法適用地域(東京都帰宅困難者対応を除く)に在学生本人又は保証人が居住している学生に給付
支援学生 被災支援金 延べ 28名
(補足)被害状況(住家全壊、学資負担者死亡、学資負担者失職、計画的避難区域外への避難、住家半壊、学資負担者負傷)に応じてのさらなる給付

2013年7月

国立大学法人 お茶の水女子大学長

羽入 佐和子

被災学生支援基金へのご寄附 [2011年10月末日]

皆様にはご健勝にお過ごしのことと拝察いたします。

2011年4月から東日本大震災で被災した本学学生の修学支援のため、「お茶の水女子大学被災学生支援基金」を創設し、皆様方のお志を募っておりますが、その総額は、現在までに約950万円に達しました。ご寄附賜り深く感謝いたします。

本基金につきましては、まず、災害救助法適用地域(東京都帰宅困難者対応を除く)に在学生本人又は保証人が居住している学生からの被災状況報告に基づき、現在までに一時見舞金を112名に給付することができました。

2011年10月11日現在の基金状況
被災学生支援基金 9,509,500円
一時見舞金 1,120,000円
被災支援金 1,350,000円
残金 7,039,500円

さらに、被害状況(住家全壊、学資負担者死亡、学資負担者失職、計画的避難区域外への避難、住家半壊、学資負担者負傷)に応じて、さらなる支援といたしまして、現在までに被災支援金を7名に給付することができました。

被災支援金につきましては、在学中(最短修業年限)に1年に1回、学業を継続するために必要な資金の一部として給付することとしております。

また、本学2012年度入試を受験・合格し、入学した学生につきましても、在学生と同様に被災支援金を贈呈することとしておりますことをご報告させていただきます。

今後は、基金の使用状況および被災学生支援の状況につきましては、本学ホームページ(http://www.ocha.ac.jp/)に掲載する予定でおりますので、ご参照いただければ幸いに存じます。

皆様のご協力とご厚志に衷心よりお礼申し上げます。

引き続き、本基金へのご芳志をお寄せいただきたくお願い申し上げる次第です。

2011年10月

国立大学法人 お茶の水女子大学長

羽入 佐和子

大学院生修学奨学基金へのご寄附

創立130周年記念事業として2005年1月から「創立130周年記念徽音堂(講堂)施設整備に関する募金」を、また2006年10月から「歴史資料館施 設整備募金」の受付を開始し、それぞれ2007年10月、2007年9月に受付を終了しました。皆様のご寄附により、計画どおりに施設設備等の整備を行なうことができましたことをご報告させていただきますとともに、皆様方に厚く御礼申し上げます。

また、2008年度から創設しました(新制大学)お茶の水女子大学60周年記念事業における2009年度募金額は、学生会館施設・設備整備募金 約250万円(本募金は、2010年3月で終了しました)、大学運営基金約870万円、そして、大学院生修学奨学基金約590万円に達しました。深く感謝いたします。

大学院生修学奨学金授与式の集合写真
大学院生修学奨学金授与式

寄附のお礼とご報告 2009年4月

お茶の水女子大学では、創立130周年記念事業として2005年1月から「創立130周年記念徽音堂(講堂)施設整備に関する募金」を、また2006年10月から「歴史資料館施設整備募金」の受付を開始し、それぞれ2007年10月、2007年9月に受付を終了しました。

皆様のご寄附により、計画どおりに施設設備等の整備を行なうことができましたことをご報告させていただきますとともに、ご寄附されました皆様方に厚く御礼申し上げます。

2008年度においては、お茶の水女子大学(新制大学)創立60周年記念事業として、「大学院生修学奨学基金」約6百万円、「大学運営基金〔学生会館施設・設備整備募金を含む〕」約1憶円のご寄附がありました。

引き続き、本学の教育・研究環境を整えていくための募金活動を進めてまいりたいと考えておりますので、今後ともご支援賜りますようお願い申し上げます。

継続している寄附事業
募金の内容 お茶の水女子大学(新制大学)創立60周年記念事業
募金金額

I.大学院生修学奨学基金

約6百万円(2008年度)

II.大学運営基金(学生会館施設・設備整備募金を含む)

約1憶円(2008年度)

(補足)お近くにお越しの際には、ぜひ新しく改装した大学講堂や歴史資料館にお立ち寄りください

【終了している寄附事業】
募金の内容 創立130周年記念徽音堂(講堂)施設整備に関する募金
募金金額 1億9千7百万円
整備内容 冷暖房設備の新設、照明装置の改修、入学式・卒業式などに使用するスタンウェイピアノの購入など
終了している寄附事業
募金の内容 歴史資料館施設整備募金
募金金額 1千7百万円
整備内容 展示ケース(10台)の購入、貴重品のレプリカ作成、貴重資料の補修

関連リンク / Related Links

»大学運営基金
»教育・研究へのご寄附
»学生へのご寄附
»物品のご寄附

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加