ページの本文です。

ことばと世界

2017年4月5日更新

ことばと世界コトバとはことば”は世界とどのような関りを持つのでしょう。“ことば”は何を表し、我々はそれによって何を表現しているのでしょう。この系列では、次のようなカテゴリーから考えていきたいと思います。

ことばの理論

言語そのものに関する議論です。言語の理論は高校で習う「文法」だけでなく、より抽象化された論理学、言語の使われ方を通して社会を考える言語社会学、乳幼児が言語を獲得していく過程を扱う発達言語学、自分の言語ではない第二言語を習得していく過程を分析する言語習得論など、色々なジャンルが存在します。

ことばを読む

文学作品を中心とした、言語による表現を解読します。しかし必ずしも対象は「文学」に限定される必要はありません。新聞記事であれマンガであれ、言葉で表現されたものは、時に著者本人も意図しないような何かを表してしまっているものだからです。高校「国語」とは違った流儀の「読み方」が展開されていきます。

情報としてのことば

情報とは現実世界をあらわす“ことば”のことです。ヒトは情報を介して世界を知る生物です。膨大な情報を処理しなくては、世界の実像を知ることはできません。その意味で、情報学は諸科学の知の基礎をなしています。また、情報化時代における生活の基礎をなす「作法」としての情報能力を養うことも、このカテゴリーの目的の一つとなっています。

自然を記述することば

科学とは、実は“ことば”で自然を記述する行為のことです。そこでは我々の日常会話とはもちろん違ったレベルの“ことば”が必要となります。数学、物理学、化学などがいったいどのような語り方を考案することによって自然に迫っていくのか、具体例を通して考えて行きます。文系の人も、「自分は理系ではないから…」と尻込みせずに、日常的感覚が大きく更新される体験を味わってください。

リベラルアーツ科目 「ことばと世界」系列

29年度開講科目一覧
科目名 担当教員 開講時期・曜日・時限 開講予定
時期 曜日 時限 29年度 30年度
ことばと世界1 日本語論 石井 久美子 後期 3/4限
ことばと世界2 言語の習得と発達 上原 泉 前期 1/2限
ことばと世界3 論理学 三浦 謙 後期 3/4限  
ことばと世界4 文化の記号学 大塚 常樹 後期 3/4限
ことばと世界5 日本文学 谷口 幸代 後期 1/2限 × 未定
ことばと世界6 海外の文学 佐藤 普美子 前期 1/2限
ことばと世界7 数理のことば 中居 功 後期 3/4限 ×
ことばと世界8 自然のことば 曺 基哲 前期 3/4限 ×
ことばと世界10 グローバル化社会を生きる 加納 なおみ 後期 3/4限
ことばと世界11 文法と意味 峯島 宏次 前期 3/4限
ことばと世界12 知能環境論 半田 智久 前期 3/4限
ことばと世界22 数理のことば(演習) 中居 功 前期 3/4限
ことばと世界24 ことばを探る(演習) 伊藤 さとみ 前期 3/4限
ことばと世界25 ことばを読む(演習) 谷口 幸代 前期 3/4限 未定
ことばと世界27 手話学入門(演習) 越後 節子 前期 3/4限
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter