ページの本文です。

授業料未納者に係る除籍及び復籍について

2016年3月28日更新

国立大学法人お茶の水女子大学授業料未納者に係る除籍及び復籍に関する規程(PDF形式 118キロバイト)」を定めました。(2011年3月28日制定、2011年4月1日施行) これにより、今後は以下のとおり取り扱います。

  • 授業料を2期連続して滞納し、督促してもなお2期分を納入しない場合には、2期目の末日をもって除籍することになります。具体的な授業料未納による除籍例は別紙(PDF形式 68キロバイト)を参照願います。
  • 除籍の手続きは、次に掲げるとおりです。
    ① 財務課は、授業料未納者及び保証人に督促状を送付します。
    ② 財務課は、学務課に授業料未納者を通知します。
    ③ 学科長(又はコース主任、講座主任)、指導教員、学年担当教員は、学務課とともに、2期連続して滞納した授業料未納者に、文書をもって修学意思の確認と授業料未納による除籍について説明を行い、また、保証人に同様の措置を行います。
    ④ 教授会で除籍について審議します。
    ⑤ 除籍通知書を学生に、その写しを保証人に送付します。
  • 除籍となった者が除籍の日の翌日から3年以内に未納の授業料を納付し、復籍を願い出た場合には、審査の上、復籍することもできるようにしました。また、復籍の時期は、学期の始めとし、復籍後の在学期間は、除籍前の在学期間に通算します。なお、復籍後に再び除籍となった場合には復籍を認めません。
  • その他、施行日前(2011年3月31日)に在学する者の取扱いについては、規程の附則に定めています。

除籍及び復籍に関するお問合せ先

学務課 教務担当

電話番号:03-5978-5141 E-mail:kyomu@cc.ocha.ac.jp

授業料の納入に関するお問合せ先

財務課 経理担当

電話番号:03-5978-5119 E-mail:keiri@cc.ocha.ac.jp

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加