新年のごあいさつ −2015年を迎えて−

明けましておめでとうございます。
教職員の皆様のご多幸を謹んでお祈り申し上げます。
2015年は本学創立140周年の記念すべき年でもあり、
本学の新たな発展の年になりますよう願っております。

第三期中期目標期間に向けて、現在国立大学の在り方が根本的に問われています。国立大学を機能別に三分するというような報道もなされていますが、国立大学の役割は、各大学が特徴的な分野を含めて多様な分野で最高度の研究をめざし、その研究に裏付けられた教育を実践し、さらに、大学の知を社会に還元することにあります。つまり、国立大学は複合的統合的に機能することに特色と意義があり、機能を分化させ特化させることよって強化されるわけではないことを国立大学協会としても主張しています。
さらに、人文社会科学の存在の意義も疑問視されています。この点についても広く理解が得られるように対処する必要があります。

2015年度予算の内示は14日頃と予想されています。
2015年度は第三期中期目標期間の前年度に当たる重要な時期ですが、幸いにして、昨年本学は「グローバル女性リーダー育成研究機構」の新設によって機能強 化大学として認められました。今後は他分野についても新たな基盤を構築することが必要であるといえます。
国家財政の課題が山積している中で国立大学は個々にその存在意義を問われていることから、お茶の水女子大学の教育と研究の成果と役割を広く社会に理解いただけるように最善の努力をしてまいりたいと思います。

これまでの皆様のご協力に心から感謝申し上げ、引き続き3月までの間どうぞよろしくお願い申し上げます。そして、4月以降の新執行部に心から期待申しあげ ます。

 

2015年1月5日

お茶の水女子大学長 羽入佐和子

国立大学法人お茶の水女子大学 〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1

責任者:お茶の水女子大学ホームページ運営委員会委員長 

E-mail: