2011年1月4日(火)学長年頭挨拶

 明けましておめでとうございます。
 今年が皆様にとりまして、またお茶の水女子大学全体にとって実り多い年になりますことを念願しております。

 昨年の後半はとくに来年度予算の確保に多くのエネルギーを費やしました。年末に予算の内示がありましたが、皆様のご協力のお陰様で国立大学の予算は例外的に大幅な減額を免れました。 この間に痛感しましたのは、国立大学は何を目指し、何を行っているのかが必ずしも理解されていないということであり、私たちはそれを説明する必要性を十分に認識していなかったのではないかということです。 現在の経済的状態を考慮すれば、国立の大学はこれまで以上に積極的に大学の存在理由と活動内容をわかりやすく示す必要があります。そして国立大学の組織改革が今後強く求められてくることもまた明らかです。

 お茶の水女子大学ではこのような状況に対応すべく、今年は教育体制と組織運営に関して新たな取り組みを開始します。
 学士課程の複数プログラム選択履修制度はその一つです。この制度は、本学が蓄積してきた教育に関する財を今の時代に相応しい形で示すことだと考えています。
 また、学長就任以来課題として参りました事務組織改革を開始します。その第一弾として、チーム制の機動力を高めるために1月1日付でチームの一部統合を行いました。 同時に企画経営統括本部の活動も強化します。 この本部は既存の組織ですが活動内容が必ずしも明確ではありませんでした。法人化後、学長裁量の範囲が著しく拡大し、学長のリーダーシップによるガバナンスの強化は組織運営に不可欠なものとなりました。 ですが、これは独断の危険性を孕んでいます。意志決定に至る過程を明らかにしておくために、その機能を企画経営統括本部にもたせることにしました。 執行部での議論を明らかにして構成員の皆様にご協力いただきたいと考えています。

 第二期中期目標・中期計画期間が順調に滑り出しました。昨年4月の所信表明で申しましたことは、この期間はflowよりstockを重視したいということでした。 財政的な制約の中で選択肢は限られていますが、私たちには多くの財が蓄積されています。 大学そして附属学校園のあるこのキャンパスの財を改めて見直し、今の社会状況に即した形でそれらを効果的に提示することが有効だと考えます。 それは、変わらぬものを保ちつつ教育研究機関としての新たな姿を社会に提案することです。
 社会的に大学としての責任が強く問われる中で、保持すべきことと変革すべきものとを慎重に見極め、長期的視点に立って大学本来の役割を果たすべく努めて参ります。  今年も皆様のご協力をいただきたくお願い申し上げます。

   

お茶の水女子大学長 羽入佐和子

国立大学法人お茶の水女子大学 〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1

責任者:お茶の水女子大学ホームページ運営委員会委員長 

E-mail: