2010年1月4日(月)学長年頭挨拶

 皆様、あけましておめでとうございます。
 新しい年がお茶の水女子大学にとって、そして、皆様にとりまして充実した年になりますように願っております。

 今年は、第二期の中期目標を開始する重要な年ですが、日本のみならず世界的な経済的見通しは明らかではなく、悲観的にもなりかねません。 とはいえ、中期計画期間である6年間という期間は、大学に入学した学生が大学院の博士前期課程を修了するまでにも及び、あるいは、小学生は入学から卒業までの期間であり、 中学校と高等学校の二つの課程を修める期間にも当たります。 これは、次世代を担う若い人々にとって極めて重要な学習期間、訓練期間です。つまり、この間に何を身につけたかは、その将来を大きく左右することでしょう。
 教育を実践し、研究を通して高度な教育に携わる教育研究機関に身をおく私たちは、経済情勢に一喜一憂しているわけにはゆきません。 これからの時代を担う人々の教育に日々携わっている私たちは、これまでのように競争原理や短期的な成果主義の中に身をおくことは賢明ではないと考えます。 新しい価値を創造する人間を私たちは育ててゆかなくてはなりません。

 年々減少する運営費交付金の使途については、将来の社会のあるべき姿を見通して、普遍的な観点で教育研究の磐石な基盤を作ることを最優先事項といたします。 換言すれば、flowよりstockを重視して、お茶の水女子大学の教育と研究の質を充実させたいと考えています。

 未だ具体的な予算の内示がありませんが、運営費交付金の減額と特別経費の減額が明らかな反面、予算項目として「文化芸術立国」、「文化発信」、「科学基礎力の強化」、 科学技術人材の育成、女性研究者支援システム改革などの項目は減額がないように見えます。 お茶大がこれまで維持してきた教育の理念を大学の特色として自覚し、広くアピールすることで、これまで以上の社会的な貢献がこの大学には可能であると考えます。

 そのために、一方では社会の動きと社会の要請に敏感であり、他方では本質を見失うことなく、納税者に説明でき納得していただける教育研究機関としてのあり方を明示するよう努めて参りたいと思います。 そして学内にあっては、構成員相互に生産的なコミュニケーションに努め、知恵を出し合って新しい組織作りを進めたいと考えています。
 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

   

お茶の水女子大学長 羽入佐和子

国立大学法人お茶の水女子大学 〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1

責任者:お茶の水女子大学ホームページ運営委員会委員長 

E-mail: