お茶大の四季2009年度

■ 2009.04

すっかり桜の季節となりました。
新しいことが始まろうとしている高揚感が学内を包んでいるような感じがします。


■ 2009.05

4月の慌しさも一段落し、学内に落ち着きが戻ってきたようです。
豊かな緑に囲まれながら、それぞれが充実した日々を過ごしていることを期待します。


■ 2009.06

梅雨の到来を待つものの、そういう時に限ってなかなか訪れないものです。
学内に設置されている日時計も、もうしばらくは活躍をしそうで


■ 2009.07

7月は毎年恒例のオープンキャンパスが2日間にわたって開催されます。
夏の暑い日差しに負けることなく、大学に訪れる高校生や保護者の方々もお迎えする私たちも、熱気に満ちた2日間を過ごすことができました。


■ 2009.08

暑い日々が続きます。
夏季休業中のキャンパスは人気も少なく、いつもとは違った時間が流れているようです。
学内で生活している猫達も、そんなのんびりとした時間を思い思いに過ごしています。


■ 2009.09

残暑も厳しく、「学問の秋」にはいささか早いですが、さまざまな公開講座やシンポジウムが開催されます。
普段なかなか聞くことができないアカデミックな話に接することで、いろいろと刺激を受けるのも良いかもしれません。


■ 2009.10

今年も大学本館前のキンモクセイが満開となりました。
キンモクセイの前を通りかかる大人も子どもも、オレンジ色のかわいらしい花の姿だけでなく、その香りも楽しんでいます。


■ 2009.11

気がつけば空が少し高くなったような気がします。秋もだんだんと深まってきました。
お茶大の秋の風物詩(?)でもある徽音祭も今年で60回をむかえ、徽音祭実行委員会の方々を中心に、とても活気のある学園祭となりました。


■ 2009.12

イチョウ並木も黄色く染まり、積み重なった落ち葉は黄色いじゅうたんのようです。
色づいたイチョウを写真に収める学生やイチョウを見上げながら下校する児童、落ち葉を両手につかんでは空に舞い上げて遊ぶ園児たちなど、イチョウの楽しみ方も人それぞれです。


■ 2010.01

構内はすっかり冬景色となり、少々寂しい気もします。
しかし、新しい年を迎えたことで感じられる学内の凛とした空気も、この時期ならではものではないでしょうか。


■ 2010.02

今月は学生のみなさんにとっては後学期の学期末試験、受験生のみなさんにとっては学部入試や大学院入試と、息の抜けない日々が続きます。
みなさんの真摯な努力が実ることを祈っています。


■ 2010.03

卒業の季節となりました。
多くの方々がお茶の水女子大学を巣立ち、それぞれの道を歩んで行くこととなりますが、みなさんの未来が大きく広がることを祈っています。


バックナンバー>> 2012年度2011年度2010年度|2009年度

国立大学法人お茶の水女子大学 〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1

責任者:お茶の水女子大学ホームページ運営委員会委員長 

E-mail: