複数プログラム選択履修の訂正(平成23年度)

複数プログラム選択履修のプログラム訂正について

平成23年度から導入しています「複数プログラム選択履修制度」のプログラムを構成するカリキュラムに不具合があることが判明しました。
つきましては、下記のとおりカリキュラムの訂正をお知らせするとともに、履修ガイドの授業科目一覧に掲載されている該当プログラムページの差替えをお願いします。

1.訂正するプログラム

  • 1.【文・人間社会科学科】社会学 副プログラム
  • 2.【文・人間社会科学科】心理学 副プログラムA(人間社会科学科学生用)
  • 3.【文・人間社会科学科】心理学 副プログラムB(人間社会科学科学生以外用)
  • 4.【生・人間生活学科】生活社会科学 強化プログラム
  • 5.【生・人間生活学科】発達臨床心理学 副プログラム
  • 6.【生・人間生活学科】公共政策論 副プログラム
  • 7.【生・人間生活学科】ジェンダー論 副プログラム

2.不具合の理由

上記1のプログラムにおいては、第1のプログラム(主プログラム)—第2のプログラム(強化・副・学際)—第3のプログラム(副・学際)の組み合わせによっては、同じ科目を必修、もしくは選択必修として指定しているために、プログラムの履修を完成できないという不具合です。

3.不具合を解消するための対応

各プログラムを構成する授業科目は現行のままとし、各プログラムにおいて授業科目が重複して指定されている場合には、該当プログラム内の他の選択科目を履修できるようにする、即ち、必修をはずすという対応をしました。

4.履修ガイドの訂正

以下のリンクに訂正後のプログラムを掲載しましたので、必要に応じて印刷して、履修ガイドの「授業科目一覧」に掲載されている該当ページの差替えをお願いします。また、履修規程の正誤対照表も掲載していますので、履修ガイドの「諸規程等〔規則集〕」に掲載されている該当の箇所の訂正をお願いします。

2011年度版(平成23年度生用)
1. 社会学 副プログラム…80、193頁
2. 心理学 副プログラムA…83、193頁
3. 心理学 副プログラムB…84、193頁
4. 生活社会科学 強化プログラム…137〜139、213頁
5. 発達臨床心理学 副プログラム…143、214頁
6. 公共政策論 副プログラム…144〜145、214頁
7. ジェンダー論 副プログラム…146〜147、214〜215頁
お問い合わせ:教務チーム学部教務係 

(E-mail : / TEL : 03-5978-2722、5140)

国立大学法人お茶の水女子大学 〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1

責任者:お茶の水女子大学ホームページ運営委員会委員長 

E-mail: