CAMPUS GUIDE 2017 学生便覧
38/106

031Ⅳ 学習研究のための施設Ⅳ 学習研究のための施設本学では、情報リテラシー教育と情報スキルの向上に力を入れています。学部学科等の専門性によらず、各自の目的に応じて情報資源を活用するスキルを身につけることを目指します。それには、図書館内やIT教室など学内で自由に使えるコンピューターの活用はもちろんのこと、学生生活を通して活躍する自分専用のパソコン、学生本人が管理者となる「マイパソコン」を持つことを推奨しています。このような学生のパソコン活用のサポートのため、随時パソコンやネットワーク等の相談をできる場が学内に用意されています。また、少人数のパソコン活用講習会も開講しています。特に、学部新入生は入学後すぐに開講される入門講習で、セキュリティ基礎をしっかりと身につけていきます。■ 情報基盤センターパソコン相談担当主に学部1年生を対象として、「マイパソコン」活用のサポートを行っています。「セキュリティ入門講習」では、自分が管理者権限を持つコンピューターを管理するにあたって、最低限身につけておくべきセキュリティの知識を解説します。4月から5月にかけて開催され、学部1年生全員に受講を推奨しています。学内でマイパソコンを使うためには、セキュリティ対策ソフトがインストールされていることが必須です。「セキュリティ入門講習」受講後、希望者は「セキュリティ対策ソフト・インストール支援」を受けることができます。また、主に学部1年生の希望者を対象に、ノートパソコンの長期貸し出しを行っています。詳細は情報基盤センターホームページをご覧ください。パソコン活用サポートパソコン活用サポートについてIT Centerhttp://www.cc.ocha.ac.jpお茶の水女子大学http://www.ocha.ac.jpトップ > 研究所・センター > センター本部他(教育・研究機関) >情報基盤センターパソコン相談担当http://www.cf.ocha.ac.jp/panda/情報基盤センターについてのお問い合わせ☞ 情報基盤センター(IT Center)○ ITルーム1(理学部3号館6階601教室)○ ITルーム2(情報基盤センター1階104教室)○ ITルーム3(理学部2号館1階101教室)○ ITルーム4(理学部2号館1階103教室)○ 附属図書館ラーニング・コモンズ学内には、利用者が自分のノートパソコンを使って自由にかつ安全にネットワークに接続することができるよう、認証ネットワーク(無線または有線)が設置されている場所がありますのでご活用ください。本センターの各設備利用の詳細については「IT Center」サイトをご覧ください。利用の心得(抜粋)○ ユーザーアカウントを他者に利用させない。他者のユーザーアカウントを使用しない。○ ユーザーアカウントに付随するパスワードは秘密にし定期的に変更する。○ 犯罪に結び付く行為や公序良俗を害する行為はしない。また、人種、信条、性別、社会的身分、門地などに関する差別的表現をしない。○ 学内のコンピューターおよびその他設備に対し、ハードウェア、ソフトウェアなどを毀損、破壊、改変しない。○ 利用資格のないコンピューターにはアクセスしない。○ プログラムの違法コピーは学内外を問わず行わない。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です