CAMPUS GUIDE 2017 学生便覧
36/106

029Ⅳ 学習研究のための施設データベースや電子ジャーナルを使うと、レポートや論文作成の際に、効率的に関連論文を探したり、読んだりすることができます。また、インターネットで読める電子ブックもあります。学内のどのパソコンでも、「図書館」サイトの「データベース・電子リソース一覧」「電子ジャーナルリスト」から利用できます。また設定によっては、学外のパソコンからも利用できます。詳しくは「図書館」サイト内の「学外からのアクセスについて」を参照してください。レファレンスカウンターでは、学習・研究上必要な文献を探す援助をしたり、資料の調査などの相談を受付しています。また、学内に無い資料の入手のために、以下のようなサービスを提供しています。■ 紹介状の発行探している資料が本学に無く、国内、国外の大学図書館などの利用を希望する場合、所蔵調査や紹介状の発行をします。申請に当たっては、利用希望資料、訪問希望日を特定し、日程に余裕を持ってお申し込みください。なお、相互利用協定機関の跡見学園女子大学図書館、日本女子大学図書館、アジア経済研究所図書館は、身分証(学生証)の提示だけで訪問利用できます(アジア経済研究所図書館では、申請の上、貸出利用も可能です)。■ 文献複写国内、国外の大学図書館などへ、本学に所蔵していない資料の複写を申し込むことができます。ただし、著作権法の制限範囲以内の複写に限ります。■ 図書の取り寄せ国内、国外の大学図書館などから、本学に所蔵していない図書を取り寄せることができます。図書館データベース、電子ジャーナル、電子ブックレファレンス・サービスⅣ 学習研究のための施設館内でのインターネット接続個人用閲覧机ではLANケーブルの接続が可能です。また、館内全域で無線LANが利用できます。図書館ツアー、講習会新入生向けの図書館ツアーや、全学生向けの講習会を開催しています。また授業やゼミ、研究室等のグループ単位の「オーダーメイド講習会」も行っています。館内掲示や「図書館」サイトでお知らせします。ご意見箱図書館へのご意見・ご要望等ありましたら、具体的に記述し、ご意見箱へ入れてください。回答は図書館内の掲示板に掲示します。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です